ジャガーXE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)/XE 3.0 S(FR/8AT)

今度こそ 2015.08.04 試乗記 ジャガーの新しいミドルクラスサルーン「XE」に試乗。アルミを大きく採り入れた軽量ボディーに、しなやかさと軽快感を併せ持つ足まわりと、“モダンジャガーの体幹”を受け継ぐXE。その実力はドイツ御三家に迫ったか?

しなやかとはこういうことだ

御殿場市街から長尾峠に上る山道はずいぶん前から拡幅工事が途中でストップし、狭く舗装の荒れた部分がそのまま残っている。そんな舗装が割れたり、剝がれたりした部分をわざわざ選んで走っているのだから、他人から見たらまったく変な連中だと思われても仕方ない。あれ? それなりの衝撃に身構えていたのに何事もなし。ちゃんと踏んでいなかったのかも、とあらためて狙いをすましてひび割れ舗装を再び踏んでも、サラリと軽やかに通り過ぎている。ダラランッも、ブルルンッもなし。ほら、やっぱり! 言った通りじゃないか、と思わず口に出しても誰も聞いてくれる人がいなかったので、ここに再現してみました。

もちろん単に当たりがソフトなだけではなく、姿勢はフラットなまま。そもそも試乗しているのは、当面4車種用意される新型XEの中で、パワフルなほうの2リッター直噴ターボ(240ps)を積んだ「ポートフォリオ」、しかもオプションとなる19インチのタイヤを履く、スポーティーな仕様である。にもかかわらず、革靴でカーペットを踏んで歩くような、ソリッドさを秘めた柔らかさがうれしい。路面の細かな凹凸さえ律義になめるような追従性、しなやかで適切なダンピングは「メルセデス・ベンツCクラス」をしのぐほど。山道を小1時間ほど走っただけだが、軽快でしなやかな乗り心地という点では最近のセダンの中でも出色の出来栄えといっていい。

だが驚くには当たらない。前から言っているように、「XJ」も「Fタイプ」も皆同様の太い筋が通っている。少なくともビークルダイナミクスに関する限り、先代XJを皮切りにアルミモノコックボディーに積極的に取り組んでからのジャガー各車にはハズレがない。近年のジャガーに駄作なし、なのだ。だからこそ、日本ではその実力がほとんど知られていないことが実に残念だ。先入観を捨てて、ぜひとも試乗をお勧めする。

2度の先行限定モデルの受注を経て、いよいよ2015年6月2日、「ジャガーXE」のカタログモデルの受注が始まった。販売は、まずはガソリンエンジン搭載車から。納車は9月以降の予定。
一見オーソドックスだが、インテリアの造形はなかなか凝っている。ドアトリムから連続してベルトラインがダッシュボードの上面をぐるりと取り囲むデザインは「XJ」にも通じるもの。シフトセレクターはおなじみロータリー式。
2リッターガソリンエンジンには200ps版と240ps版の2種類が用意される(エンジン形式はどちらも204PT)。試乗した「XE 2.5ポートフォリオ」に搭載されるのは後者。車名は実排気量を示しているわけでない。
スリーサイズは4680×1850×1415mm。ボディーのCd値は0.26と優れた数値が発表されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XEの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガー、「XE」「XF」のディーゼルモデルに充実装備の特別仕様車 2016.11.4 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年11月1日、ジャガーの4ドアセダン「XE」と「XF」の特別仕様車「ジェットディーゼルエディション」を設定し、受注を開始した。XEジェットディーゼルエディションは限定100台、XFジェットディーゼルエディションは限定30台の販売となる。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載NEW 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
ホームへ戻る