ミシュランの「SUV向け冬用ランフラット」登場

2015.07.31 自動車ニュース
「ミシュラン・ラティチュードX-ICE XI2 ZP」

ミシュランの「SUV向け冬用ランフラットタイヤ」登場

日本ミシュランタイヤは2015年7月31日、SUV用スタッドレスタイヤ「ミシュラン・ラティチュードX-ICE」シリーズのラインナップに、ランフラットタイヤ「ラティチュードX-ICE XI2 ZP」を加えると発表した。同年9月1日に販売を開始する。

 

今回発売されるラティチュードX-ICE XI2 ZPは、既存のスタッドレスタイヤ「ラティチュードX-ICE XI2」のランフラットバージョン。
「偏摩耗を抑制することで、長期間にわたり氷上路での走行性能を維持できる」「高速走行での走行安定性にすぐれている」とされる、ラティチュードX-ICE XI2の特質はそのままに、パンクもしくは低圧時でも80km/hの速度で80kmの距離を走れるとうたわれる。

サイズは19インチ(255/50R19 107H)と18インチ(255/55R18 109T)の2種類。価格はオープンプライスだ。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。