マツダ・ロードスターSレザーパッケージ(FR/6MT)

これまで通りに、これまで以上に 2015.08.05 試乗記 ND型こと4代目「マツダ・ロードスター」に、雨の富士山麓で試乗。悪天候だからこそ見えてきた、このクルマのドライバビリティーを報告する。

世界に誇れる日本のスポーツカー

初代であるNA型は、世界中のクルマ好きたちに「ライトウェイトスポーツカーは楽しい」「オープンスポーツカーは楽しい」という事実を思い出させたり、教えてくれたりした。2代目のNB型はその熟成版として、スポーツカーらしさの純度というものを同じベクトルで大いに高め、ロードスターというクルマの持つ資質を余すところなく楽しませてくれた、“理想のNA型”だった。そして3代目のNC型は、スポーツカーにネガティブなイメージが突きつけられた時代を、基本的パフォーマンスの増幅というそれまでやればできたのにやらなかった手口で乗り切り、伝統的なバランスと捨てることのできない矜持(きょうじ)を守り抜いた、最速のロードスターだ。

3世代にわたるそれぞれのロードスターにはそれぞれの貌(かお)というものもあったわけだが、3世代のロードスターの全てに見事に共通しているものもある。常にドライバーの気持ちに寄り添うようにして、望んだとおりの楽しさを、ちょうどいいくらいの素直な反応を通じて味わわせてくれること。常にサイズの合ったスニーカーのような心地よさであること。

世界にはもっと速いスポーツカーはたくさんある。もっと運動性能に優れたスポーツカーもたくさんある。けれど、ここまでどんなときでもスッと乗り込めばスッとなじんで、その瞬間からごく自然に一体になって走ってくれるようなスポーツカーというのは、そうはない。ここまで気安くつきあえるのにものすごく奥が深いスポーツカーというのも、そうはない。ビギナーならビギナーなりに、腕っこきなら腕っこきなりに、抜群の柔軟性を持って楽しさを提供してくれるスポーツカーだって、そうはない。

マツダ・ロードスターは、日本が世界に大いに誇っていいスポーツカーなのだ。

長い前置きといえば長い前置きだが、それが僕なりのロードスター観。スポーツカーが大好物なのにこれまでステアリングを握る機会がなかったのは不思議だけど、僕が最新のND型ロードスター(以下、ND)について気になっていたのは、パフォーマンスでも何でもなく、実はそういうクルマであり続けているのかどうか、というただ一点だった。

ライトウェイトのオープンスポーツである「マツダ・ロードスター」。現行のND型は4代目のモデルにあたる。
ライトウェイトのオープンスポーツである「マツダ・ロードスター」。現行のND型は4代目のモデルにあたる。
ND型「ロードスター」のインテリア。オープンカーということで、屋根を開けた際の、エクステリアとの一体感も重視してデザインされた。
ND型「ロードスター」のインテリア。オープンカーということで、屋根を開けた際の、エクステリアとの一体感も重視してデザインされた。
インフォテインメントシステム「マツダコネクト」の液晶ディスプレイ。カーナビゲーション用のSDカードは販売店オプションとなる。
インフォテインメントシステム「マツダコネクト」の液晶ディスプレイ。カーナビゲーション用のSDカードは販売店オプションとなる。
最上級グレードの「Sレザーパッケージ」では、運転支援システムの「i-ACTIVSENSE」が標準装備となる。
     最上級グレードの「Sレザーパッケージ」では、運転支援システムの「i-ACTIVSENSE」が標準装備となる。
従来モデルから大幅な小型化、軽量化を果たしたND型「ロードスター」。車重は990~1060kgと、初代NA型に匹敵する軽さを実現している。
従来モデルから大幅な小型化、軽量化を果たしたND型「ロードスター」。車重は990~1060kgと、初代NA型に匹敵する軽さを実現している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る