トヨタとヤマハ、「つながるバイク」で協業

2011.11.28 自動車ニュース
握手を交わすトヨタ自動車の豊田章男社長(左)とヤマハ発動機の柳弘之社長。柳社長の前にあるのは「スマートモビリティシティ2011」で展示予定の電動スクーター「EC-Miu」。
トヨタとヤマハ、「つながるバイク」で協業

トヨタとヤマハ、「つながるバイク」で協業

トヨタ自動車とヤマハ発動機は2011年11月28日、次世代モビリティー社会の構築に向け、「つながるバイク」サービスの開発などで協業すると発表した。その一環として、両社は東京モーターショーにおける日本自動車工業会の展示エリア「スマートモビリティシティ2011」のトヨタブースに、次世代モビリティーの提案として「つながる」電動スクーターと電動アシスト自転車のコンセプトモデルを出展する。

同じく展示予定の電動アシスト自転車「PAS WITH」。
トヨタとヤマハ、「つながるバイク」で協業

今回の合意は、2社のクルマとバイク(電動二輪車や電動アシスト自転車などを含むヤマハ製車両)が、充電インフラを共有して、トヨタのエネルギー管理システム「トヨタスマートセンター」につなぐことにより、統合的な情報インフラの構築と、シェアリングなどの新交通システムの確立を目的としている。

ITサービス分野における協業による開発コストの低減も視野に入れ、近い将来に実証実験を開始し、「つながる」機能を搭載した車両、およびサービスの商品化を目指す計画だ。

具体的には、スマートフォンやWi-Fi通信を活用したカーナビ・テレマティクスサービスをヤマハ製バイクで受けられるようにする。また、充電スタンドの位置情報などを提供したり、シェアリング情報(予約、充電確認や認証、課金など)を配信したり、さまざまな「つながる」サービスを提供するという。

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。