第17回:自転車――改正道交法が語る“意味”(最終回)
「自転車対策」という難題

2015.08.05 エッセイ

厄介な問題

長い下り坂の先には信号機付きの交差点があって、そこから向こうは、こんどは長い上り坂になっている。うちの近所は高台にあるものだから、そんな地形の道がある。
ここを通るたびに、この自転車乗り、「自分は交通事故とは無縁」とか思っているんだろうな、と、いや、事故とかなんとか、そういう思考がそもそもないのかもしれないな、とあきれてしまう場面に、いつもいつも遭遇する。
長い下り坂にさしかかった自転車、こりゃ楽ちんとばかり、ノーブレーキで突っ走り、その勢いで信号の先の上り坂に向かっていく。スポーツサイクルもママチャリも、電動アシスト付きも、そして驚くべきは、前後の幼児用補助椅子に幼いわが子を乗せた若い母親までもが、なのだ。
何かの拍子に自転車がコケたらどうなるんだろう。そんな心配、全然してない幼児を乗せた母親。交差点で信号の変わりっぱなに交差方向からクルマが突っ込んでくるかも……、なんて、まるで考えているとは思えない兄ちゃん姉ちゃんたち。遭遇するたびに怖くなる私なのである。

と、その話は横に置いておく。

高度成長時代からこっち、混合交通社会はどんどん複雑化してきたわけだけれど、それから先の話を3行半にまとめると、自動車メーカーを筆頭にした民間企業の安全技術の開発、国交省、警察など、みんなの努力の積み重ねで、時代ごとに特徴がある「事故多発」(注1)という状況を乗り越えてきて今に至っている、となる。

ところが、ここにきて、混合交通社会の歴史のなかで、かつてないほど厄介な問題が起こってきた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。