ホンダ・ステップワゴン スパーダ(FF/CVT)

サプライズ満載ミニバン 2015.08.07 試乗記 上にも横にも開くテールゲートからエンジンまで、いろいろなところが新しくなった、ホンダのミニバン「ステップワゴン スパーダ」。実際に乗ってみたら……? その使い勝手や走り、燃費などを報告する。

どこでも使える技ありドア

今年に入ってから、ホンダは最高級サルーンの新型「レジェンド」を出し、軽スポーツカーの「S660」を発売した。その一方、「ジェイド」「シャトル」「ステップワゴン」と、人やモノを積むワゴン系を立て続けに発表した。やっぱりこっちがホンダの“本業”という感じだ。

その中にあって、新型ステップワゴンの売りは、ベースグレードを除く全モデルに備わる“わくわくゲート”である。通常通り、上ヒンジでガバッと開くテールゲートに、横開き機構も設けた。

今度のステップワゴンは、後ろが上にも横にも開く。そう聞いた時、まるで冷蔵庫の左右両開きドアを思わせるそんな画期的テールゲートを、ついに「ミニバンのホンダ」がつくったのか!? と思ったのだが、そうじゃないんですね。横に開くのは全幅の半分強だけ。完全な横開きと上開きのハイブリッドというわけではなかった。

試乗車は、若向きでスポーティーな内外装をまとうスパーダ。早速、筆者の自宅ガレージで後ろを開けようとしたら、図らずもわくわくゲートが役に立った。
車庫の高さは2mちょうど。ステップワゴンのボディー全高は1840mm。ノーマルなら大丈夫なのだが、スパーダは、テールゲートから10cm以上突き出したルーフスポイラーが天井にぶつかってしまって、ほとんど上開きができないのだ。わくわくゲートなら、上方に一切場所をとらないし、後ろに1mスペースがあれば、全開にできる。

現行型の「ホンダ・ステップワゴン」は、1996年デビューの初代から数えて5代目にあたるモデル。2015年4月24日に発売された。今回試乗したのは、スタイリッシュな内外装や専用の足まわりをセリングポイントとする「ステップワゴン スパーダ」の、8人乗り仕様である。
現行型の「ホンダ・ステップワゴン」は、1996年デビューの初代から数えて5代目にあたるモデル。2015年4月24日に発売された。今回試乗したのは、スタイリッシュな内外装や専用の足まわりをセリングポイントとする「ステップワゴン スパーダ」の、8人乗り仕様である。
「ステップワゴン スパーダ」の前席。シートカラーはブラックのみとなる。
「ステップワゴン スパーダ」の前席。シートカラーはブラックのみとなる。
5代目「ステップワゴン」最大の特徴とされるのが、「わくわくゲート」と名付けられた、上にも横にも開くバックドア。写真は7人乗り仕様のもので、わくわくゲートを横方向に開ききった状態。(写真=webCG)
5代目「ステップワゴン」最大の特徴とされるのが、「わくわくゲート」と名付けられた、上にも横にも開くバックドア。写真は7人乗り仕様のもので、わくわくゲートを横方向に開ききった状態。(写真=webCG)
試乗車のボディーカラーは、「プレミアムスパイスパープル・パール」。光の当たり具合によって、紫から青へとグラデーションのかかった色合いを見せる。
試乗車のボディーカラーは、「プレミアムスパイスパープル・パール」。光の当たり具合によって、紫から青へとグラデーションのかかった色合いを見せる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステップワゴンスパーダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る