第410回:【Movie】フィアットのお膝元で
大矢アキオ、捨て身の路上調査員「トリノ編」

2015.08.07 エッセイ

3台に1台が!

自動車雑誌ではわからない、生の路上風景を見て感じていただく「捨て身の路上調査員」シリーズ、今回はフィアット創業の地、トリノ編である。
トリノの中央駅ポルタ・ヌオーヴァ周辺のある街路で、一方向に走るクルマたちを約10分間数えてみた。結果は以下のとおりである。

フィアット:65台
ランチア:12台
フォルクスワーゲン:11台
トヨタ:9台
アルファ・ロメオ、BMW、オペル:各8台
フォード、メルセデス・ベンツ:各7台
ルノー、アウディ、日産:各6台
MINI:5台
シトロエン、プジョー:各4台
ジープ、セアト、シュコダ、マツダ、スズキ:各3台
スマート、ボルボ、ホンダ:各2台
キア、韓国GM製シボレー、ランドローバー:各1台
(商用車、タクシー、カーシェアリングを除く)

なんと全197台中65台、約3台に1台以上がフィアットブランド車だ。アルファ・ロメオ、ランチアそしてジープの各ブランドも含めると88台だから、44%がFCA(フィアット・クライスラー)系ということになる。前回のイタリア中部トスカーナ(第402回参照)の結果を再確認すると26%ちょっと。同じイタリアでも、FCA系が多いのは、さすがトリノである。

ちなみに、2015年6月のイタリア国内新車登録台数のうち、FCA系の占める割合は28.5%だった。直接の比較には適さないが、トリノにおけるFCA車の濃度の高さがおわかりいただけるだろう。

トリノ名物(?)の二重駐車。くしくも「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」が先頭に並ぶ。奥のカーシェアリング用「スマート」が脱出できるか心配になる。


	トリノ名物(?)の二重駐車。くしくも「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」が先頭に並ぶ。奥のカーシェアリング用「スマート」が脱出できるか心配になる。
2代目「フィアット・パンダ」。ゴミ収集箱の前に止めてはいけません。
2代目「フィアット・パンダ」。ゴミ収集箱の前に止めてはいけません。
懐かしい90年代の「フィアット・テムプラ」。フロントフードの上には猫が。
懐かしい90年代の「フィアット・テムプラ」。フロントフードの上には猫が。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。