TRD RC F CCSコンセプト(FR/8AT)/14R-60(FR/6MT)/14R(FR/6AT)

オトナな人にも、マニアにも 2015.08.10 試乗記 NISMO/無限/STI/TRDという自動車メーカー直系の4ブランドが、箱根で合同試乗会を開催。今回は、トヨタの“ワークス”であるTRDが手がけた「レクサスRC F」「トヨタ86」の実力をリポートする。

チューンドカーの域を超えている

「RC F CCSコンセプト」のステアリングを握り、ターンパイクの高速セクションを駆けぬけたとき、新しい時代のスポーツカーは空力性能を機軸に発展していく、という感触を得た。

このクルマは、レクサス RC FをベースにTRDがチューニングを施したコンセプトカーである。「CCS」とは「サーキット・クラブ・スポーツ」の頭文字。「レクサスIS F」にも「CCS-R」というサーキット専用車が登場し、ニュルブルクリンク24時間耐久レースや富士スピードウェイで開催されるワンメイクレースを走っているが、こちらはナンバー付きの公道仕様である。

その目玉は、ふんだんに装着されたドライカーボンのパーツだ。中でも直接オーナーの目には触れることのない「エアロアンダーブレース」が筆者のイチ押し商品である。これはアルミ製のハニカム(蜂の巣のような構造体)素材をドライカーボンパネルでサンドイッチしたパーツで、文字通り下まわりの構造体にもなっている。

これとエンジンルーム内の、エンジンカバーとタワーバーを一体化した「エンジンコンパートメントブレースVバンクカバー」(これまたほれぼれするような出来栄えなのだ)を組み合わせた結果、RC Fのハンドリングは大きく変わった。20インチタイヤを履き、車高を低めた仕様とは思えないほど滑らかにサスペンションが路面に追従して、そのグリップ感が手のひらと腰にしっとり伝わってくる。それはベース車のRC Fでは足りないと感じていたフロントタイヤの応答性と接地感を向上させており、477psを発生するスーパースポーツを楽しいとさえ感じさせてくれた。もはやそれはチューンドカーの域を完全に脱しており、これなら欧州の某クーペだって目じゃない、とさえ思えた。

ベース車の「サーキットから一般道まで」というコンセプトを、より突き詰めて開発された「RC F CCSコンセプト」。足まわりの再セッティングや、空力性能とボディー剛性の向上などが実施されている。
ベース車の「サーキットから一般道まで」というコンセプトを、より突き詰めて開発された「RC F CCSコンセプト」。足まわりの再セッティングや、空力性能とボディー剛性の向上などが実施されている。
エンジンルームに装着された「エンジンコンパートメントブレースVバンクカバー」。重量増を抑えるため、補強パーツの素材にはCFRPを採用している。
エンジンルームに装着された「エンジンコンパートメントブレースVバンクカバー」。重量増を抑えるため、補強パーツの素材にはCFRPを採用している。
車体下部には「エアロアンダーブレース」が備わる。ボディー剛性を高めるとともに、車体下部をフラット化することで空力性能を高める効果を持つ。
車体下部には「エアロアンダーブレース」が備わる。ボディー剛性を高めるとともに、車体下部をフラット化することで空力性能を高める効果を持つ。
空力パーツは、実走テストに加えCFD解析や風洞試験を駆使して開発された。大きなウイングなどは非装備だが、十分な空力効果を得ているという。
空力パーツは、実走テストに加えCFD解析や風洞試験を駆使して開発された。大きなウイングなどは非装備だが、十分な空力効果を得ているという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

86の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る