第16回:スピルバーグがフルデジタル3Dで見せるカーアクション!
『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』

2011.11.28 エッセイ

第16回:スピルバーグがフルデジタル3Dで見せるカーアクション!−『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』

街を爆走する「プジョー302」の大迫力

「プジョー302」が街を爆走する。1930年代のモデルで最高出力はわずか43psのはずだが、迫力満点の走りだ。跳ね飛ばされそうになった少年はあわやのところで身をかわし、カメラは逆方向から走ってきたクルマの下へと入り込んでローアングルで一部始終を映し出す。観客は道の真ん中で少年と一緒に右往左往する気分を味わうことになる。

今の映画って、こんなあり得ない映像を作り出すことができるのだ。フルデジタル3Dの世界では何でもありである。『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』は、巨匠スティーブン・スピルバーグが満を持して撮った初の3D作品だ。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』が3D映画の隆盛を用意したが、その後作られた作品は期待はずれのものが多かった。はやりなので取りあえず立体にしました、という体のものが続出したのだ。『タンタンの冒険』は、3Dの新たな可能性を引き出した。スピルバーグは、エンターテインメントの追求に関しては手を抜かない。

『未知との遭遇』が公開されたのは1977年のことで、34年もたっている。もはや古典と言ってもいいだろう。あの作品にオマージュをささげた映画が、今年たてつづけに2本公開された。『スーパー8』と『宇宙人ポール』である。『スーパー8』の監督J.J.エイブラムスは1966年生まれだから、11歳で『未知との遭遇』を観たはずだ。『宇宙人ポール』のサイモン・ペグとニック・フロストのコンビはもう少し若いから、テレビかビデオで観たのかもしれない。どちらも、スピルバーグ愛がパンパンに詰まった映画だった。

そこに、御大が3年ぶりの登場である。これは盛り上がるだろうと思っていたら、なんだかそれほどでもないみたいだ。映画サイトの「見たい作品ランキング」でも、『リアル・スティール』に負けちゃったりしている。どうしたことだろう。

(C)2011 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
第16回:スピルバーグがフルデジタルで見せる3D時代のカーアクション!−『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』

第16回:スピルバーグがフルデジタルで見せる3D時代のカーアクション!−『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』
「プジョー302」(1938年) 「プジョー402」の縮小版という位置づけで、セダンとクーペ、カブリオレがあった。1936から38年まで販売された。
第16回:スピルバーグがフルデジタルで見せる3D時代のカーアクション!−『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。