トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)

オシャレな末弟はオールマイティー 2015.08.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。

兄たちとは違う最小ミニバン

トヨタミニバン3兄弟の末弟である。今や高級車としての存在感を放つ「アルファード/ヴェルファイア」、ファミリーカーのスタンダードとなった「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」の下に位置するトヨタ最小ミニバンが「シエンタ」なのだ。
2003年に登場して以来、12年ぶりのフルモデルチェンジである。大胆なデザインチェンジが話題となっているが、考えてみれば当然のこと。2003年といえば、「スズキ・ツイン」や「マツダRX-8」が登場した年である。変わらなかったら、そのほうが驚く。

最小とはいっても、同じ5ナンバーの“ノアヴォク”軍団と全幅は変わらない。大きく異なるのは全長だ。ノアヴォクの4695mmに対してシエンタは4235mm。460mmも短い。それでも3列で6~7人分のシートを確保しなければならないのだから、エンジニアとデザイナーにとってはミッション:インポッシブルである。ハメス・ロドリゲスが7人乗るのだ。

兄たちとは見た目からしてずいぶん違う。アルヴェルが威圧的でマッチョな肉体美を見せ、ノアヴォクはヤンチャ風味を利かせる。シエンタの旧型は優しげな優等生だったが、今回のモデルは主張が強い。オシャレならボクが一番! と声高に叫んでいるようだ。日本人の心の底に根強く存在するヤンキー的美意識とは相いれない感覚をまとっている。拒否反応があるのではないかと心配したが、8~9割は好意的反応なのだそうだ。発表から3週間の時点ですでに3万8000台の受注があったというから、ラテンな感性を持つ日本人が増えてきたのかもしれない。

2015年7月9日に発売された、2代目「トヨタ・シエンタ」。インパクトのあるエクステリアは、アウトドア用のトレッキングシューズをイメージしてデザインされている。
遊び心と機能性を両立させたというインテリア。ダッシュボードには左右非対称の造形が採用されている。写真の室内色は、フロマージュと名付けられたベージュ系のもの。
助手席側から見た前席。写真はベーシックグレード「X」のもので、装備充実の「G」では、表皮のファブリックが、より上質なものになる。
スライドドアの開口部は、幅が615mmから665mmに、高さが1135mmから1145mmに、それぞれ拡大されている。同様に、乗り込み口の地上高は、先代の385mmから330mmへと低められている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シエンタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る