クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)

オシャレな末弟はオールマイティー 2015.08.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。

兄たちとは違う最小ミニバン

トヨタミニバン3兄弟の末弟である。今や高級車としての存在感を放つ「アルファード/ヴェルファイア」、ファミリーカーのスタンダードとなった「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」の下に位置するトヨタ最小ミニバンが「シエンタ」なのだ。
2003年に登場して以来、12年ぶりのフルモデルチェンジである。大胆なデザインチェンジが話題となっているが、考えてみれば当然のこと。2003年といえば、「スズキ・ツイン」や「マツダRX-8」が登場した年である。変わらなかったら、そのほうが驚く。

最小とはいっても、同じ5ナンバーの“ノアヴォク”軍団と全幅は変わらない。大きく異なるのは全長だ。ノアヴォクの4695mmに対してシエンタは4235mm。460mmも短い。それでも3列で6~7人分のシートを確保しなければならないのだから、エンジニアとデザイナーにとってはミッション:インポッシブルである。ハメス・ロドリゲスが7人乗るのだ。

兄たちとは見た目からしてずいぶん違う。アルヴェルが威圧的でマッチョな肉体美を見せ、ノアヴォクはヤンチャ風味を利かせる。シエンタの旧型は優しげな優等生だったが、今回のモデルは主張が強い。オシャレならボクが一番! と声高に叫んでいるようだ。日本人の心の底に根強く存在するヤンキー的美意識とは相いれない感覚をまとっている。拒否反応があるのではないかと心配したが、8~9割は好意的反応なのだそうだ。発表から3週間の時点ですでに3万8000台の受注があったというから、ラテンな感性を持つ日本人が増えてきたのかもしれない。

2015年7月9日に発売された、2代目「トヨタ・シエンタ」。インパクトのあるエクステリアは、アウトドア用のトレッキングシューズをイメージしてデザインされている。
2015年7月9日に発売された、2代目「トヨタ・シエンタ」。インパクトのあるエクステリアは、アウトドア用のトレッキングシューズをイメージしてデザインされている。 拡大
遊び心と機能性を両立させたというインテリア。ダッシュボードには左右非対称の造形が採用されている。写真の室内色は、フロマージュと名付けられたベージュ系のもの。
遊び心と機能性を両立させたというインテリア。ダッシュボードには左右非対称の造形が採用されている。写真の室内色は、フロマージュと名付けられたベージュ系のもの。 拡大
助手席側から見た前席。写真はベーシックグレード「X」のもので、装備充実の「G」では、表皮のファブリックが、より上質なものになる。
助手席側から見た前席。写真はベーシックグレード「X」のもので、装備充実の「G」では、表皮のファブリックが、より上質なものになる。 拡大
スライドドアの開口部は、幅が615mmから665mmに、高さが1135mmから1145mmに、それぞれ拡大されている。同様に、乗り込み口の地上高は、先代の385mmから330mmへと低められている。
スライドドアの開口部は、幅が615mmから665mmに、高さが1135mmから1145mmに、それぞれ拡大されている。同様に、乗り込み口の地上高は、先代の385mmから330mmへと低められている。 拡大

コンセプトを語る「エアーイエロー」

試乗会場では、やはり黄色から予約が埋まっていった。新色の「エアーイエロー」の注目度は抜群だ。主査の粥川 宏さんが「色だけでこのクルマのコンセプトを語ってくれるんです」と話していたように、変化を印象づけたのはメインカラーにこの色を採用したことが大きいだろう。「ヴィッツ」や「アクア」にも黄色のボディーカラーがあるが、少し赤みがかった明るい色。エアーイエローは逆に青に寄せたクールなイメージで、「一筆書き」のグラフィカルなデザインにマッチしている。

これまでの受注の中では1割近くがイエローを指名しているというから、ビビッドな色としてはなかなかの健闘ぶりだ。試乗車はフレックストーンというコーディネートカラーのモデルで、アクセントカラーにブルーメタリックを使っていたから派手さもひとしおである。少々やり過ぎ感もあったが、グリーンに茶の組み合わせなどは悪くない。

内装のトリムカラーはフロマージュ。ブラックもあるが、汚れさえ気にならないのならこのデザインを生かすフロマージュを選びたい。共通の差し色としてオレンジが使われており、黒だけだとちょっとキツめの印象になる。ドアポケットなどにドットのグラデーションを配していたり、小技の使い方がうまい。それでいて、トレーやカップホルダー、コンビニフックなどの便利用品はミニバンらしく充実している。

とてもすてきな仕上がりだったのが、メーターパネルだ。スポーティーカーに使われていてもおかしくない。これは完全にドライバー向けのデザインである。面積自体は広くないが、ステアリングホイールの上に位置していて視認性も高い。運転席にいれば、ミニバンの中にいるという気持ちにはならないだろう。

試乗会場に並んだ新型「シエンタ」。写真左に見られるエアーイエローのほか、グリーンメタリックやブルーメタリックなど、鮮やかなボディーカラーがラインナップされている。
試乗会場に並んだ新型「シエンタ」。写真左に見られるエアーイエローのほか、グリーンメタリックやブルーメタリックなど、鮮やかなボディーカラーがラインナップされている。 拡大
「フレックストーン」と呼ばれるツートンカラーのテスト車。エアーイエローのボディーカラーにブルーメタリックのアクセントが添えられていた。
「フレックストーン」と呼ばれるツートンカラーのテスト車。エアーイエローのボディーカラーにブルーメタリックのアクセントが添えられていた。 拡大
助手席前方に設けられた、収納スペース。アッパーボックスの内側はオレンジ色で、その一部が、ふたを閉めた状態でも、常に差し色として露出するよう工夫されている。
助手席前方に設けられた、収納スペース。アッパーボックスの内側はオレンジ色で、その一部が、ふたを閉めた状態でも、常に差し色として露出するよう工夫されている。 拡大
天地に薄いメーターは、ステアリングホイールよりも上方から眺めるようレイアウトされている。メーターパネルの意匠は、グレード別に計3タイプが用意される。
天地に薄いメーターは、ステアリングホイールよりも上方から眺めるようレイアウトされている。メーターパネルの意匠は、グレード別に計3タイプが用意される。 拡大
7人乗り仕様車の2列目ベンチシートに腰掛けてみる。筆者(写真)の身長は165cm。周囲の空間的余裕はご覧の通り。
7人乗り仕様車の2列目ベンチシートに腰掛けてみる。筆者(写真)の身長は165cm。周囲の空間的余裕はご覧の通り。 拡大

軽ハイトワゴンとも戦う

パワーユニットは、1.5リッターガソリンエンジンとハイブリッドの2本立て。ガソリン車のベーシックグレードは、170万円を切るお値段から用意されている。価格コンシャスなヤングファミリーをターゲットにしているので、戦略的な設定が必要だ。なにしろ、価格帯と室内空間が接近してきた軽ハイトワゴンと戦わなければならないのである。

109psのエンジンはもちろんパワフルとはいえないが、このクルマの使用目的からすれば十分なものだ。高圧縮比、アトキンソンサイクル、クールドEGRなどの武器を駆使し、しっかり回って燃費もいいバランス点を見つけている。さすがにノアヴォクのガソリン車と比べると、軽快感はかなり上回る。ちなみに、知人が乗っていた旧型シエンタとは別物の、しっかりした走りだった。比べるほうが間違っているのだが。

ハイブリッド車に乗り換えると、やはりしっとり感では明らかな差があった。価格差は30万円以上だが、ガソリン車とほぼ同じ受注状況だそうだ。ミドルクラスセダンなどからダウンサイズしてくる年配の方などには、こちらのほうがウケがいい。恐らくガソリン車とハイブリッド車では、ユーザーの平均年齢がかなり違うのだろう。

ガソリン車で20.6km/リッター、ハイブリッド車では27.2km/リッターという燃費には舌を巻くしかない。ライバルの「ホンダ・フリード」に圧倒的な差をつけた。フリードは次のモデルチェンジでダウンサイジングターボを採用するといううわさもあるが、パワーユニットの選択がどんな結果をもたらすのか興味深い。

ガソリンエンジン車(FF車)に搭載されるのは、高効率がうたわれる1.5リッター直4の「2NR-FKE」エンジン。2015年3月にデビューした、最新型の「カローラ」にも搭載されている。
ガソリンエンジン車(FF車)に搭載されるのは、高効率がうたわれる1.5リッター直4の「2NR-FKE」エンジン。2015年3月にデビューした、最新型の「カローラ」にも搭載されている。 拡大
 
トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大
こちらは、ブラックのトリムとブルーブラックのファブリックシートが組み合わされたインテリア。写真はハイブリッド車のもの。
こちらは、ブラックのトリムとブルーブラックのファブリックシートが組み合わされたインテリア。写真はハイブリッド車のもの。 拡大
先代にはなかったハイブリッド車(写真)がラインナップされる点も、新型「シエンタ」のトピックの一つ。
先代にはなかったハイブリッド車(写真)がラインナップされる点も、新型「シエンタ」のトピックの一つ。 拡大

魔法のようなサードシート

サードシートのダイブイン機構は、先代から受け継がれている。このクラスのミニバンにとって、サードシートの扱いは死活問題だ。3列だと荷室がミニマムになってしまうので、通常は2列にして荷室の大きい乗用車のように使う。サードシートがじゃまになったり、出し入れが面倒だったりするのでは困るのだ。

やってみると、文字通りワンタッチでシートアレンジができることに感心する。力を入れる間もなく、シートが勝手に動いてしまう感覚なのだ。サードシートは魔法を使ったように消えてしまい、そこに座席があったとはわからなくなる。唯一、サードシートを起こすときにはちょっと腰に負担がかかるのだが、そこまでワガママをいってはいけないだろう。

シートとしてのデキも、ちゃんとしていた。床の下に隠れていたとは思えない座り心地である。乗り降りはセカンドシートをタンブルさせなければならないのが面倒といえば面倒だが、旧型と比べれば開口部の幅も広がっている。シート幅も70mm拡大しているから、閉塞(へいそく)感に苦しまなくていい。

ヤングファミリーとリタイア後の夫婦だけでなく、日本人のかなりの部分がこのクルマでやりたいことを不満なくこなせるだろう。車いすだってOKだ。「ラクティス」では後でルーフを高くしたから福禄寿(ふくろくじゅ)のようになってしまったが、最初から車いすのことを考えて設計しているからそのままでリクライニング式の最新型を入れられる。恐ろしく汎用(はんよう)性の高いクルマだ。それでいて人畜無害で退屈な形をしているわけでもないのだから、オールマイティーではないか。

19歳で結婚してすでに娘のいるハメス・ロドリゲスはもっと子供を作るだろうから、シエンタは役に立ちそうだ。エアーイエローを選べば、スペインでも目立つだろう。ハメスなら、スポーツカーよりシエンタを本気で気に入るかもしれない。滝川クリステルは、たぶん乗らない。

(文=鈴木真人/写真=田村 弥)

荷室の様子。写真手前に見える3列目シートは、2列目の下に折りたたみ収納できる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
荷室の様子。写真手前に見える3列目シートは、2列目の下に折りたたみ収納できる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます) 拡大
3列目シートに腰掛けてみたところ。全ての席で良好な視界が確保できるよう、1/2/3列の着座位置は、後方にいくほど高く設定されている。
3列目シートに腰掛けてみたところ。全ての席で良好な視界が確保できるよう、1/2/3列の着座位置は、後方にいくほど高く設定されている。 拡大
2代目「シエンタ」では、福祉車両の開発にも力が入れられている。車いす仕様車は、複数のタイプがラインナップされており、写真のようにストレッチャーが収容可能なモデルも用意される。
2代目「シエンタ」では、福祉車両の開発にも力が入れられている。車いす仕様車は、複数のタイプがラインナップされており、写真のようにストレッチャーが収容可能なモデルも用意される。 拡大
新型「シエンタ」には、単眼カメラとレーザーレーダーを使った予防安全装備「Toyota Safety Sense C」がオプションとして設定される。写真はそのセンサー部。
新型「シエンタ」には、単眼カメラとレーザーレーダーを使った予防安全装備「Toyota Safety Sense C」がオプションとして設定される。写真はそのセンサー部。 拡大
 
トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大
トヨタ・シエンタX 7人乗り
トヨタ・シエンタX 7人乗り 拡大
ガソリンエンジン車のオプティトロンメーター。
ガソリンエンジン車のオプティトロンメーター。 拡大
7人乗り仕様の2列目シート。50:50の分割可倒式になっている。
7人乗り仕様の2列目シート。50:50の分割可倒式になっている。 拡大
3列目シートの定員は2人。2列目シートの下に折りたたみ収納することで、ラゲッジスペースを作り出せる。
3列目シートの定員は2人。2列目シートの下に折りたたみ収納することで、ラゲッジスペースを作り出せる。 拡大
 
トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

トヨタ・シエンタX 7人乗り

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4235×1695×1675mm
ホイールベース:2750mm
車重:1320kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:CVT
最高出力:109ps(80kW)/6000rpm
最大トルク:13.9kgm(136Nm)/4400rpm
タイヤ:(前)185/60R15 84H/(後)185/60R15 84H(ブリヂストン・エコピアEP150)
燃費:20.2km/リッター(JC08モード)
価格:181万6363円/テスト車=228万3031円
オプション装備:アクセントカラー<ブルーメタリック>(5万4000円)/Toyota Safety Sense C<プリクラッシュセーフティーシステム+レーンディパーチャーアラート+オートマチックハイビーム>(9万1800円)/スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ<スーパーUVカット+フロントドアIRカット機能付きグリーンガラス+運転席・助手席シートヒーター>(2万9160円)/ナビレディパッケージ<バックカメラ+ステアリングスイッチ>(2万9160円)/スマートエントリーパッケージ<スマートエントリー&プッシュスタートシステム+盗難防止システム>(4万6440円)/SRSサイドエアバッグ<運転席・助手席>+SRSカーテンシールドエアバッグ<フロント・セカンド・サードシート>(4万8600円) ※以下、販売店装着オプション スタンダードナビ ナビレディパッケージ付き車(15万120円)/ETC車載器 ビルトインタイプ<ナビ連動タイプ>(1万7388円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:608km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り
トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り 拡大
1.5リッター直4エンジン「1NZ-FXE」にモーターを組み合わせた、ハイブリッドユニット。
1.5リッター直4エンジン「1NZ-FXE」にモーターを組み合わせた、ハイブリッドユニット。 拡大
6人乗り仕様の2列目シート。7人乗り仕様とは異なり、中央が小物入れやドリンクホルダーになっている。
6人乗り仕様の2列目シート。7人乗り仕様とは異なり、中央が小物入れやドリンクホルダーになっている。 拡大
テスト車には、オプションの15インチアルミホイールが装着されていた。
テスト車には、オプションの15インチアルミホイールが装着されていた。 拡大
 
トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大

トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4235×1695×1675mm
ホイールベース:2750mm
車重:1380kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:CVT
エンジン最高出力:74ps(54kW)/4800rpm
エンジン最大トルク:11.3kgm(111Nm)/3600-4400rpm
モーター最高出力:61ps(45kW)
モーター最大トルク:17.2kgm(169Nm)
タイヤ:(前)185/60R15 84H/(後)185/60R15 84H(ブリヂストン・エコピアEP150)
燃費:27.2km/リッター(JC08モード)
価格:232万9855円/テスト車=287万2123円
オプション装備:アクセントカラー<ブルーメタリック>(5万4000円)/185/60R15タイヤ+15×5.5Jアルミホイール(5万4000円)/Toyota Safety Sense C<プリクラッシュセーフティーシステム+レーンディパーチャーアラート+オートマチックハイビーム>(5万4000円)/スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ<スーパーUVカット+フロントドアIRカット機能付きグリーンガラス+運転席・助手席シートヒーター>(2万9160円)/ナビレディパッケージ<バックカメラ+ステアリングスイッチ>(2万9160円)/LEDランプパッケージ<Bi-Beam LEDヘッドランプ+フロントフォグランプ+リアコンビネーションランプ+コンライト>(10万5840円)/SRSサイドエアバッグ<運転席・助手席>+SRSカーテンシールドエアバッグ<フロント・セカンド・サードシート>(4万8600円) ※以下、販売店装着オプション スタンダードナビ ナビレディパッケージ付き車(15万120円)/ETC車載器 ビルトインタイプ<ナビ連動タイプ>(1万7388円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:462km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

関連キーワード:
シエンタトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事