第306回:黒くて丸い だけじゃない
ブリヂストン「REGNO」の開発現場から

2015.08.07 エッセイ

タイヤは進化を続けている

タイヤというのは、見たところ黒くて丸いゴムだ。
その姿は、数十年の間変わっていないように見える。もちろん、バイアスタイヤからラジアルに、チューブタイヤからチューブレスに移り変わってきたということは理解しているが、それ以上の変化、つまり燃費性能や静音性の向上などについては、どれくらい進歩しているのか、実感としては分かりにくい。
一般社団法人日本自動車タイヤ協会の発表によると、乗用車用タイヤの場合、2006年のタイヤと比べると、2012年のタイヤは転がり抵抗低減によってCO2排出量が7.5%も削減されているという。
すでに完成された技術だと思っていたタイヤだが、わずか6年でこれほど進化しているというのは驚きである。
そんなタイヤは、一体どのように開発されているのか、その一部を見学した。

ブリヂストンでは、「環境」「安全性」「快適性」をタイヤの開発・設計の3大要素としている。
まずはその中で、快適性、つまり音にまつわる研究を行っている部門から見学はスタート。

タイヤが発生させる音には大きく分けて、タイヤの接地面と路面との摩擦から発せられる音と、タイヤ内部のスチールベルトから発せられる音との2種類ある。
まずは、タイヤの接地面と路面との摩擦から発せられる音が、トレッドパターンによってどう変化するのかを体験することができた。

東京都小平市のブリヂストン技術センター
東京都小平市のブリヂストン技術センター
技術センターには、「転がり抵抗試験機」の国内で唯一となる基準機がある。
技術センターには、「転がり抵抗試験機」の国内で唯一となる基準機がある。
部屋全体が吸音材で覆われた無響室の様子。
部屋全体が吸音材で覆われた無響室の様子。
くさび形の防音材で壁一面が覆われている。
くさび形の防音材で壁一面が覆われている。
無響室自体が、免震ゴム(これもブリヂストンの得意分野だ)で支えられ、周辺環境からの影響を軽減している。
無響室自体が、免震ゴム(これもブリヂストンの得意分野だ)で支えられ、周辺環境からの影響を軽減している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ