レクサスCT200h一部改良、外板色に新色を追加

2015.08.06 自動車ニュース
「レクサスCT200h“Fスポーツ”」
「レクサスCT200h“Fスポーツ”」

「レクサスCT200h」一部改良、外板色に新色を追加設定

トヨタ自動車は2015年8月6日、「レクサスCT200h」に一部改良を実施し、発売した。

ボディ―カラー「ディープブルーマイカ」
ボディ―カラー「ディープブルーマイカ」
ボディーカラー「グラファイトブラックガラスフレーク」
ボディーカラー「グラファイトブラックガラスフレーク」

今回の一部改良では、ボディーカラーに新色「ディープブルーマイカ」と「グラファイトブラックガラスフレーク」を含む全11色を設定。また「CT200h“Fスポーツ”」では、スピンドルグリルをより際立たせるため、グリルのロワモールをメッキ加飾に変更している。

また、テレマティクスサービス「G-Link」に、エンジンの再始動などを遠隔地から禁止することができるリモートイモビライザーと、離れた場所から携帯電話でドアロックなどの操作が行えるリモート操作を追加し、利便性を高めた。

ラインナップと価格は以下の通り。

CT200h:366万2000円
CT200h“バージョンC”:390万9000円
CT200h“Fスポーツ”:433万1000円
CT200h“バージョンL”:460万8000円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る