レクサスCT200h一部改良、外板色に新色を追加

2015.08.06 自動車ニュース
「レクサスCT200h“Fスポーツ”」
「レクサスCT200h“Fスポーツ”」

「レクサスCT200h」一部改良、外板色に新色を追加設定

トヨタ自動車は2015年8月6日、「レクサスCT200h」に一部改良を実施し、発売した。

ボディ―カラー「ディープブルーマイカ」
ボディ―カラー「ディープブルーマイカ」
ボディーカラー「グラファイトブラックガラスフレーク」
ボディーカラー「グラファイトブラックガラスフレーク」

今回の一部改良では、ボディーカラーに新色「ディープブルーマイカ」と「グラファイトブラックガラスフレーク」を含む全11色を設定。また「CT200h“Fスポーツ”」では、スピンドルグリルをより際立たせるため、グリルのロワモールをメッキ加飾に変更している。

また、テレマティクスサービス「G-Link」に、エンジンの再始動などを遠隔地から禁止することができるリモートイモビライザーと、離れた場所から携帯電話でドアロックなどの操作が行えるリモート操作を追加し、利便性を高めた。

ラインナップと価格は以下の通り。

CT200h:366万2000円
CT200h“バージョンC”:390万9000円
CT200h“Fスポーツ”:433万1000円
CT200h“バージョンL”:460万8000円

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2014.4.16 試乗記 「LS」「HS」と、マイナーチェンジで劇的なまでにクルマを進化させてきたレクサス。プレミアムコンパクト「CT」はどこまでの変貌を遂げたのか。その実力をチェックした。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • レクサスCT200h バージョンL/Fスポーツ(FF/CVT)【動画試乗記】 2011.4.22 試乗記 レクサスCT200h"バージョンL"(FF/CVT)/"Fスポーツ"(FF/CVT)
    ……484万6000円/482万4900円

    レクサスの最新ハイブリッドカー「CT200h」に試乗。「バージョンL」と「Fスポーツ」の2モデルをワインディングに連れだし、味つけの違いを探った。
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)/CT200h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.25 試乗記 マイナーチェンジを受けた「レクサスCT200h」の見どころは、フロントエンドの「スピンドルグリル」だけではない。ボディー剛性の見直しなど、プレミアムコンパクトカーとしての“体幹”も一段と強化されているという。その仕上がりはいかに?
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
ホームへ戻る