フォード、環境型エンジン搭載車の販売を強化

2015.08.06 自動車ニュース
「フォード・クーガ」
「フォード・クーガ」

フォード、環境型エンジン搭載車の国内販売を強化

フォード・ジャパン・リミテッドは2015年8月6日、環境型エンジン「EcoBoost(エコブースト)」搭載の4車種を、年内に順次導入すると発表した。

「フォード・フォーカス」
「フォード・フォーカス」
「フォード・エクスプローラー」
「フォード・エクスプローラー」
新型「リンカーンMKX」
新型「リンカーンMKX」

フォードは、新エンジンを搭載したSUV「クーガ」の販売を2015年9月5日に開始するほか、内外装およびパワートレインを変更したコンパクトカー「フォーカス」、同様に大幅な仕様変更を施したSUV「エクスプローラー」を、同年9月から10月にかけて国内で発売する。
また、年末までに、リンカーンブランドの“クロスオーバーユーティリティービークル”「リンカーンMKX」の新型も導入する。

これにより同社は、6年連続となる販売台数の前年超えを狙うとともに、エコブーストエンジン搭載車のラインナップを1リッターから3.5リッターまでの全6シリーズに拡大することで、日本におけるフォードブランドのイメージをさらに強化したいとしている。

年内に発売される4車種と、それぞれの主な変更ポイントは以下の通り。

■フォード・クーガ:
1.5リッターと2リッター、2種類のエコブーストエンジンをラインナップ。

■フォード・フォーカス:
1.5リッターのエコブーストエンジンを採用。エクステリア、インテリアのデザインも刷新し、安全装備などを充実。

■フォード・エクスプローラー:
FF車に2.3リッターエコブーストエンジンを搭載(2016年には、3.5リッターV6のエコブースト搭載車追加)。さらに、内外装のデザインを刷新し、安全装備などを充実。

■リンカーンMKX:
全面改良し、2.7リッターV6のエコブーストエンジンを搭載。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
ホームへ戻る