フォード、環境型エンジン搭載車の販売を強化

2015.08.06 自動車ニュース
「フォード・クーガ」
「フォード・クーガ」

フォード、環境型エンジン搭載車の国内販売を強化

フォード・ジャパン・リミテッドは2015年8月6日、環境型エンジン「EcoBoost(エコブースト)」搭載の4車種を、年内に順次導入すると発表した。

「フォード・フォーカス」
「フォード・フォーカス」
「フォード・エクスプローラー」
「フォード・エクスプローラー」
新型「リンカーンMKX」
新型「リンカーンMKX」

フォードは、新エンジンを搭載したSUV「クーガ」の販売を2015年9月5日に開始するほか、内外装およびパワートレインを変更したコンパクトカー「フォーカス」、同様に大幅な仕様変更を施したSUV「エクスプローラー」を、同年9月から10月にかけて国内で発売する。
また、年末までに、リンカーンブランドの“クロスオーバーユーティリティービークル”「リンカーンMKX」の新型も導入する。

これにより同社は、6年連続となる販売台数の前年超えを狙うとともに、エコブーストエンジン搭載車のラインナップを1リッターから3.5リッターまでの全6シリーズに拡大することで、日本におけるフォードブランドのイメージをさらに強化したいとしている。

年内に発売される4車種と、それぞれの主な変更ポイントは以下の通り。

■フォード・クーガ:
1.5リッターと2リッター、2種類のエコブーストエンジンをラインナップ。

■フォード・フォーカス:
1.5リッターのエコブーストエンジンを採用。エクステリア、インテリアのデザインも刷新し、安全装備などを充実。

■フォード・エクスプローラー:
FF車に2.3リッターエコブーストエンジンを搭載(2016年には、3.5リッターV6のエコブースト搭載車追加)。さらに、内外装のデザインを刷新し、安全装備などを充実。

■リンカーンMKX:
全面改良し、2.7リッターV6のエコブーストエンジンを搭載。

(webCG)

関連キーワード:
クーガフォーカスエクスプローラーMKXフォードリンカーン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ボルボV90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.21 試乗記 2017年にボルボが宣言した、近い将来における全モデルの電動化。「V90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション」は、その先駆けともいえるプラグインハイブリッド車だ。ボルボの将来を占う“試金石”の出来栄えは?
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記