「水野和敏的視点」 vol.112 メルセデスAMG GT S(前編)

2015.08.07 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.112 メルセデスAMG GT S(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏。そんな氏が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くすのが当特集。今回はメルセデススポーツモデルの最高峰「メルセデスAMG GT」を取り上げる。


「水野和敏的視点」 vol.112 メルセデスAMG GT S(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.112 メルセデスAMG GT S(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.112 メルセデスAMG GT S(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.112 メルセデスAMG GT S(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.112 メルセデスAMG GT S(前編)の画像
メルセデスAMG GT S
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4550×1940×1290mm/ホイールベース:2630mm/車重:1670kg/駆動方式:FR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:510ps/6250rpm/最大トルク:66.3kgm/1750-4750rpm/タイヤ:(前)265/35ZR19 (後)295/30ZR20/車両本体価格:1840万円
メルセデスAMG GT S
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4550×1940×1290mm/ホイールベース:2630mm/車重:1670kg/駆動方式:FR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:510ps/6250rpm/最大トルク:66.3kgm/1750-4750rpm/タイヤ:(前)265/35ZR19 (後)295/30ZR20/車両本体価格:1840万円

「水野和敏的視点」 vol.112 メルセデスAMG GT S(前編)の画像

■コンパクトに生まれ変わる

クルマというのは乗ってみないとわからない――。当たり前のことですが、今回、メルセデスAMG GT(以下、AMG GT)をテストして、あらためてそう思いました。

まずは車両の概要をざっと説明すると、AMG GTは「SLS AMG」(以下、SLS)に続くAMG自社開発のスポーツカー第2弾として2014年秋に登場しました。骨格としてアルミの“スペースフレーム”を備え、トランスミッションをリアアクスルに配置するトランスアクスルレイアウトが採用されているところはSLSと同じですが、全長はSLSより90mm短い4550mm、ホイールベースも50mm短い2630mmと、ボディーがひとまわりコンパクトにまとめられています。また、SLSの外観上の特徴となっていたガルウイングドアは廃止され、AMG GTでは通常のスイング式が採用されています。

エンジンは、SLSが6.2リッターV8自然吸気(571ps、66.3kgm)だったのに対し、AMG GTでは4リッターV8ツインターボに“ダウンサイジング”されています。そのチューンは2種類あり、高性能仕様の「GT S」では510psと66.3kgm、標準仕様の「GT」では462psと61.2kgmを発生します。今回は高性能版のGT Sをテストしました。

価格はGT Sが1840万円で、GTが1580万円。テスト車のGT Sには、フルレザーの内装や高級オーディオ、スポーティーな専用シートなど、より豪華かつスポーティーに彩るセットオプション「AMGダイナミックパッケージプラス」などが装着されており、オプション込みの総額で2095万円となっています。

さて、AMG GTの実車を目の前にした第一印象はというと……。正直に言いましょう、SLSの登場から経過した時間なりの進化をAMG GTに期待していた私としては、それほどいい印象を持ちませんでした。このクルマのオーナーの方やメルセデスファンの方には申し訳ないけれど、外観を見るかぎり、私が期待した進化というより、むしろある種の“アンチヒーロー”を狙っているのか? とさえ思ってしまいました。

ヘッドランプまわりに配されたLEDランプにしても、まるで派手さだけを訴求したように感じられ、メルセデス特有の磨かれた質感や存在感を期待している私には「これはちょっと……」と思えてしまいました。ただし、フロントフェイスは「メルセデスの造り」というものをきちんと踏襲していますね。メルセデス流セオリーにしたがって、オーソドックスにスポーツモデルのフラッグシップ感をきちんと造りだしているな、という印象は受けました。(づつく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

AMG GTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る