第104回:不可能度増量! トムが空を飛び、水に潜る
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』

2015.08.07 エッセイ

軍用機「A400」を使ったアクション

前作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』では、ドバイのブルジュ・ハリファでのアクションが話題となった。世界一の高層ホテルで、地上828メートルでの撮影を敢行している。シリーズ第5作となる『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』には、それを上回るシーンを入れる必要があった。“インポッシブル”にもレベルの違いがあるのだ。

採用されたのは、飛行機の外側にしがみつくというアイデアだ。ポスターや予告編で紹介されているシーンである。本物の軍用機「A400」を使い、時速400kmで8回繰り返して撮影したというから恐れ入る。トム・クルーズはこの7月に53歳になった。彼が『ミッション:インポッシブル』シリーズをリスタートさせたのは1996年だから、もう20年になる。主人公のイーサン・ハントは、まったく衰えを見せない。若いころとルックスの変化が少ないことでは、トムは福山雅治とタメを張る。

このシーンはクライマックスではなく、冒頭にいきなり登場する。つまり、もっとヤバいアクションが後半に用意されているのだ。設定自体の不可能度も上がっている。前回はイーサンが属する組織のIMFが国からのサポートを受けられなくなったが、今度は組織自体が解体されてCIAに吸収されてしまう。ちなみに、IMFとは極秘諜報機関Impossible Mission Forceの略で、国際通貨基金International Monetary Fundのことではない。国連機関とCIAの戦いもちょっと見てみたいものだが。

© 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.



この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。