フォルクスワーゲン・パサートTSI Rライン(FF/7AT)

全方位的に優等生 2015.08.14 試乗記 フルモデルチェンジで8代目となった「フォルクスワーゲン・パサート」が日本上陸。セダンの最上級グレード「TSI Rライン」を連れ出し、その実力を多角的にチェックした。

“御三家”を超えるクオリティーの高さ

新型パサートは、写真で損をする典型的なタイプだと思う。直線基調の基本プロポーションはごくごくオーソドックス。幅広の横ルーバーをモチーフとしたグリルデザインはおなじみだし、ヘッドライトも小さめ。デザインに対する印象や評価は個人差が大きいので、だれもが私と同じ印象をもつわけではないだろうが、少なくとも写真の新型パサートは大胆というより、いつもどおりの“控えめ”系、正直いって「ピンとこないなあ」が私の第一印象だったことを告白する。

しかし、新型パサートの実車を目の当たりにすると、ひさびさに「写真はアテにならない」という当たり前の現実を痛感した。現物はとにかく、“イイモノ”のオーラというかフェロモンがムンムンで、むせかえるほどだ。ボディーのプレスラインは手が切れそうなほどシャープだし、グリルやヘッドランプは本物の金属と見まがうばかりに精緻な輝きである。

この尋常ならざる質感は、インテリアも同様である。ダッシュボードを左右に貫通するルーバーは、ご想像のとおり、大半がダミー加飾。実際のエアコン吹き出し口は、左右両端と、アナログ時計の左右……と計4カ所の一般的なもので、この部分のみルーバーが上下に動く。似たようなデザイン処理は以前にもあったと記憶するが、たいがいは部位ごとに素人でも即座に気づく質感差があったり、分割線がやけに広かったりと、“デザイン倒れ”のケースのほうが多かった。だが、パサートのダッシュボードのルーバーは見事に左右まで一体化して見えるのだ。これはデザインだけでなく、設計や生産まで相当に大変だっただろうことは容易に想像がつく。

それ以外にもダッシュボードは分厚くソフトな手触りで、ドアポケットその他小物スペースにはいちいち上質な起毛処理が施されているなど、精緻な仕上げとともに、こうした細部に投入された物量でも圧倒される。このあたりは、いわゆるドイツの高級ブランド御三家を確実にしのぐ部分も多い。

8代目となる新型「フォルクスワーゲン・パサート」。欧州では2014年11月に、日本では2015年7月に発売された。
8代目となる新型「フォルクスワーゲン・パサート」。欧州では2014年11月に、日本では2015年7月に発売された。
「TSI Rライン」のインテリア。内装色は黒のみの設定となる。
「TSI Rライン」のインテリア。内装色は黒のみの設定となる。
「TSI Rライン」専用のスポーツシート。電動調整機構やシートヒーターが標準装備される。
「TSI Rライン」専用のスポーツシート。電動調整機構やシートヒーターが標準装備される。
リアシートは6:4の分割可倒式。「TSI Rライン」では、前後席ともシート表皮にナッパレザーが採用されている。
リアシートは6:4の分割可倒式。「TSI Rライン」では、前後席ともシート表皮にナッパレザーが採用されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る