第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめる

驚きの経済性 2015.08.10 徹底検証! ボルボのディーゼル すぐれた燃費性能がうたわれる、ボルボのクリーンディーゼル搭載車。では、実際に満タン・無給油で、どれだけの距離を走れるのか? “ミスター・テスター”笹目二朗が、「V40 D4 SE」でテストした。

無給油でどこまで走れるか?

ボルボに待望のディーゼルエンジン登場。エコ志向のユーザーはもとより、ディーラーやセールスマンも嘱望していた仕様が国内で発表された。

新設計エンジンともなれば静かで滑らか、排ガスもきれいで低燃費であることは言うまでもなかろう。でも本当のところは、実際に乗ってみなければわからない。「ディーゼルといえば燃費」と短絡してしまうのもちょっと悲しいが、満タンでどこまで走れるか? 燃費テストの常道とはいえ、とにかく走りながら観察していこう。

東名高速を一路西へ。テスト車はV40 D4 SEだ。概算で、いまどきのディーゼルエンジンならばリッター20kmは走るだろう。燃料タンクの容量は62リッターだから、多少の余裕をみて1200kmか……。一気に走っても夕方には給油しなければならないだろうから、1時間の移動距離を80kmとして逆算、東京都内を朝5時に出発すれば15時間後には九州に入れるだろう。ガソリンスタンドの営業時間内に給油可能と見積もる。

作戦というほどのものではないが、都市部通過の渋滞などに巻き込まれないですむルートは……と考え、東名は“第二”を選択、豊田から湾岸に抜けて新名神へと進む。ここでまさかの事故渋滞。鈴鹿あたりで15km/50分の表示。取りあえず四日市で降りて、東名阪へ移る。

このあたりは、同行のKカメラマンが鈴鹿サーキットへと通い慣れた道なので、問題はない。車載ドライブコンピューター(ドラコン)上の燃費は20km/リッターにまで落ちたが、山陽道の福山サービスエリアまでには23km/リッターに回復。15時になってしまったが、ここで遅い昼食とする。平均速度は87km/hにまで上がっている。

2015年7月23日、「ボルボV40」のラインナップに追加された、クリーンディーゼルモデル「V40 D4 SE」。そのエンジン(写真)は、衝突時の歩行者保護のためにソフトなエンジンカバーで覆われている。
2015年7月23日、「ボルボV40」のラインナップに追加された、クリーンディーゼルモデル「V40 D4 SE」。そのエンジン(写真)は、衝突時の歩行者保護のためにソフトなエンジンカバーで覆われている。
リアに添えられる「D4」エンブレム。
リアに添えられる「D4」エンブレム。
ガソリン車の「ボルボV40」にも幾度となく試乗してきた著者。今回は、ディーゼル車を駆り、主にその燃費性能をテストした。
ガソリン車の「ボルボV40」にも幾度となく試乗してきた著者。今回は、ディーゼル車を駆り、主にその燃費性能をテストした。
効率のよい運転をするには? センターコンソールのモニター上で、そのノウハウを確認できる。
効率のよい運転をするには? センターコンソールのモニター上で、そのノウハウを確認できる。
今回の試乗は、ドライバーである筆者とカメラマンの2人乗車で行った。後席を使わない場合、そのヘッドレストはドライバーの視界確保のために折りたたむことができる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
今回の試乗は、ドライバーである筆者とカメラマンの2人乗車で行った。後席を使わない場合、そのヘッドレストはドライバーの視界確保のために折りたたむことができる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第34回:ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • 第33回:ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • ディーゼルの「ボルボV40」にスポーティーな限定車 2017.1.25 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年1月25日、スポーティーな装備を特徴とする特別仕様車「V40 D4 R-DESIGNポールスターエディション」を発表。同日、150台限定で発売した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • 第409回:「アウディQ2」のデザイナー
    若者が求める“クルマ像”を語る
    2017.5.8 エディターから一言 アウディのコンパクトSUV「Q2」の発売に伴い、同車のデザイナーを務めたマティアス・フィンク氏が来日。同車がターゲットとしている、若者が求める“クルマ像”とはどのようなものなのか、自身も30代という若手デザイナーが語った。
ホームへ戻る