第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめる

驚きの経済性 2015.08.10 特集 すぐれた燃費性能がうたわれる、ボルボのクリーンディーゼル搭載車。では、実際に満タン・無給油で、どれだけの距離を走れるのか? “ミスター・テスター”笹目二朗が、「V40 D4 SE」でテストした。

無給油でどこまで走れるか?

ボルボに待望のディーゼルエンジン登場。エコ志向のユーザーはもとより、ディーラーやセールスマンも嘱望していた仕様が国内で発表された。

新設計エンジンともなれば静かで滑らか、排ガスもきれいで低燃費であることは言うまでもなかろう。でも本当のところは、実際に乗ってみなければわからない。「ディーゼルといえば燃費」と短絡してしまうのもちょっと悲しいが、満タンでどこまで走れるか? 燃費テストの常道とはいえ、とにかく走りながら観察していこう。

東名高速を一路西へ。テスト車はV40 D4 SEだ。概算で、いまどきのディーゼルエンジンならばリッター20kmは走るだろう。燃料タンクの容量は62リッターだから、多少の余裕をみて1200kmか……。一気に走っても夕方には給油しなければならないだろうから、1時間の移動距離を80kmとして逆算、東京都内を朝5時に出発すれば15時間後には九州に入れるだろう。ガソリンスタンドの営業時間内に給油可能と見積もる。

作戦というほどのものではないが、都市部通過の渋滞などに巻き込まれないですむルートは……と考え、東名は“第二”を選択、豊田から湾岸に抜けて新名神へと進む。ここでまさかの事故渋滞。鈴鹿あたりで15km/50分の表示。取りあえず四日市で降りて、東名阪へ移る。

このあたりは、同行のKカメラマンが鈴鹿サーキットへと通い慣れた道なので、問題はない。車載ドライブコンピューター(ドラコン)上の燃費は20km/リッターにまで落ちたが、山陽道の福山サービスエリアまでには23km/リッターに回復。15時になってしまったが、ここで遅い昼食とする。平均速度は87km/hにまで上がっている。

2015年7月23日、「ボルボV40」のラインナップに追加された、クリーンディーゼルモデル「V40 D4 SE」。そのエンジン(写真)は、衝突時の歩行者保護のためにソフトなエンジンカバーで覆われている。
2015年7月23日、「ボルボV40」のラインナップに追加された、クリーンディーゼルモデル「V40 D4 SE」。そのエンジン(写真)は、衝突時の歩行者保護のためにソフトなエンジンカバーで覆われている。
リアに添えられる「D4」エンブレム。
リアに添えられる「D4」エンブレム。
ガソリン車の「ボルボV40」にも幾度となく試乗してきた著者。今回は、ディーゼル車を駆り、主にその燃費性能をテストした。
ガソリン車の「ボルボV40」にも幾度となく試乗してきた著者。今回は、ディーゼル車を駆り、主にその燃費性能をテストした。
効率のよい運転をするには? センターコンソールのモニター上で、そのノウハウを確認できる。
効率のよい運転をするには? センターコンソールのモニター上で、そのノウハウを確認できる。
今回の試乗は、ドライバーである筆者とカメラマンの2人乗車で行った。後席を使わない場合、そのヘッドレストはドライバーの視界確保のために折りたたむことができる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
今回の試乗は、ドライバーである筆者とカメラマンの2人乗車で行った。後席を使わない場合、そのヘッドレストはドライバーの視界確保のために折りたたむことができる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • 第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめる 2015.8.10 特集 すぐれた燃費性能がうたわれる、ボルボのクリーンディーゼル搭載車。では、実際に満タン・無給油で、どれだけの距離を走れるのか? “ミスター・テスター”笹目二朗が、「V40 D4 SE」でテストした。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)【試乗記】 2015.12.25 試乗記 台数限定ではもったいない? 「ボルボV40」のディーゼルモデルにスポーティーな意匠とサスペンションチューニングが特徴の「R-DESIGN」が200台限定で登場。純正ROMチューンの「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施された車両に試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る