スバルBRZ tS(FR/6MT)

かめばかむほど味が出る 2015.08.17 試乗記 NISMO/無限/STI/TRDという自動車メーカー直系の4ブランドが、箱根で合同試乗会を開催。今回は、スバルのモータースポーツ活動を担うSTIが手がけた「BRZ tS」の走りをリポートする。

コーナーひとつで魅力がわかる

あなたが本当のクルマ好きならば、コーナーをひとつ駆け抜けただけでこのBRZ tSの魅力がわかるはずだ。昨今の自動車評論では“リニア”という言葉が安売りされる傾向にはあるが、このtSこそ“リニアなスポーツカー”だからである。

ブレーキを踏めば踏んだだけノーズが沈み、ハンドルを切れば切っただけロールやヨーモーメントが発生し、アクセルを踏めば踏んだだけトラクションが得られる。装着タイヤ(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)の特性を理解した上で、その穏やかな“グリップの立ち上がり方”をジャマしない足まわりが、このBRZ tSにはおごられている。

グリップレベルも確かに高いのだが、STIがそれ以上に大切にしたのは、ピークグリップを得るまでの過渡領域のインフォメーションだ。そしてたとえ限界を超えても(要はタイヤが滑っても)、ピーキーな挙動にはならないだろうことが、その接地性の高さや、サスペンションのストローク感から予想できる。雨の日でも、晴れの日でも。サーキットでも、オープンロードでも。はしゃぐことなく、しかし質感の高い走りを味わわせてくれるはずと、BRZ tSを走らせて筆者は確信した。

2015年6月30日に発売された「BRZ tS」。販売台数は300台限定で、受注期間は同年10月12日までとなっている。
2015年6月30日に発売された「BRZ tS」。販売台数は300台限定で、受注期間は同年10月12日までとなっている。
各所にあしらわれた「チェリーレッド」のアクセントや、「tS」のロゴが目を引くインテリア。
各所にあしらわれた「チェリーレッド」のアクセントや、「tS」のロゴが目を引くインテリア。
表皮に本革とアルカンターラを用いたレカロ製のバケットシート。「STI」のロゴがエンボス加工であしらわれている。
表皮に本革とアルカンターラを用いたレカロ製のバケットシート。「STI」のロゴがエンボス加工であしらわれている。
関連記事
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルBRZ tS(FR/6MT)【試乗記】 2015.6.30 試乗記 およそ2年ぶりに発売された、台数限定のチューンドカー「スバルBRZ tS」に試乗。「大人の感性にうったえたい」「同乗者にも楽しんでもらいたい」と開発陣も意気込む、その実力やいかに?
ホームへ戻る