第307回:世界に誇るミドシップ車の専門工場!?
八千代工業で「ホンダS660」が生まれる瞬間に立ち会う

2015.08.12 エッセイ
組み立て、組み付けが終わり、検査ラインへと向かう「S660」。
組み立て、組み付けが終わり、検査ラインへと向かう「S660」。

「ホンダS660」を注文して、納車を待っている皆さん。今、四日市の工場で一生懸命作っているので、楽しみに待っていてください! ……と関係者でもない人間が言うのもヘンだけれど、八千代工業の四日市製作所でS660の製造風景を見学した私は、本当にそう言いたくなってしまった。

軽自動車の完成車や自動車用部品に加え、陸上競技用の車いすなども手がけている八千代工業。「S660」は三重県の四日市製作所で生産している。
軽自動車の完成車や自動車用部品に加え、陸上競技用の車いすなども手がけている八千代工業。「S660」は三重県の四日市製作所で生産している。
「S660」の開発責任者を務めた椋本 陵LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)。
「S660」の開発責任者を務めた椋本 陵LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)。
「S660」の生産はとにかく「人の手がかかっている」という印象。ボディーの組み立てについては「車体に治具を装着」「治具を使ってパーツを仮固定」という4人がかりの作業を経てから溶接が行われる。
「S660」の生産はとにかく「人の手がかかっている」という印象。ボディーの組み立てについては「車体に治具を装着」「治具を使ってパーツを仮固定」という4人がかりの作業を経てから溶接が行われる。
ロボットによる溶接の様子。一度に全ての部品を組み付けることはできないので、車体は人の手による仮組み付けのエリアと、ロボットによる溶接のエリアを2往復することとなる。
ロボットによる溶接の様子。一度に全ての部品を組み付けることはできないので、車体は人の手による仮組み付けのエリアと、ロボットによる溶接のエリアを2往復することとなる。

S660の工場として八千代工業が選ばれた理由

自動車の製造工場というと、ロボットが動き回り、それを補佐するように人間が淡々と作業するというイメージがあった。
テレビのニュースで見る「自動車の生産台数が過去最高を記録」みたいな映像はいつもそんな感じだ。
でも、ここ八千代工業四日市製作所の風景は、そんなイメージとは少しちがっていた。
想像していたよりもずっと、人がクルマの製造に関わっていたのだ。

八千代工業四日市製作所の1日あたりの生産台数は、現在およそ150台。そのうち48台をS660の生産に充てている。
48台のS660以外はなにを作っているのかというと、「アクティ トラック」「アクティ バン」「バモス」「バモス ホビオ」だ。
「えっ? 軽トラと一緒に作ってるの!?」と思われた方、確かにそうなのだが、この生産ラインナップにはもう一つキーワードが隠されている。
……そう、八千代工業四日市製作所は、世界に数少ない「ミドシップ車専用工場」なのだ。恐らく生産台数では、ダントツで世界一なのではないだろうか。
「まあたしかにアクティはミドシップかもしれないけど……」と、私も当初は思った。
けれども、今回のメディア向け工場見学会に同席したS660の開発責任者である椋本 陵LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)によると、八千代工業四日市製作所をS660の製造工場として選んだ理由の一つに、ミドシップ車の製造に習熟している点があったという。

実をいうと私は、つい最近まで20年物のアクティ バンを所有していた。それを自虐の意味も込めて「農道のフェラーリ」なんて呼んでいたけれど、やっぱり正真正銘のミドシップマシンだったのだ。椋本さんのお墨付きを得られたようで、ちょっと鼻が高い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】 2015.6.1 試乗記 ちまたで話題の「ホンダS660」を、フェラーリマニアとして知られるモータージャーナリスト 清水草一は「これまでなかったスーパーカー」と評価する。その理由は……?
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る