アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)

真正アルフィスタの友 2015.08.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の情報も、あわせて報告する。

第一印象は「レーシングカー」

アフォーダブル・スーパーカー。「手の届くスーパーカー」をうたうのが、アルファ・ロメオ4Cだ。

たしかにこのルックスも、カーボン製バスタブのようなモノコックも、最高速258km/h、0-100km/h加速=4.5秒の動力性能も、あるいはモデナのマセラティ工場製という出自も、ことごとくスーパーカー級に違いないが、価格は800万円台。半分以下の予算で手に入るスーパーカーと言えなくもない。

試乗車のハンドル位置は左。低い姿勢で幅30cmはあるヌードカーボンの敷居をまたぎ、運転席に身を沈める。その“儀式”からして、すでにスーパーカークラスである。
ノーズ先端が低いため、段差などでは注意を要すること、などなど、FCAジャパンのスタッフからいつもよりだいぶ長い出走前レクチャーを受け、エンジンをかけると、地下駐車場にちょっとした爆音が轟(とどろ)いた。スポーツパッケージ付きの試乗車は、「直管マフラーですから」というのも注意点のひとつだった。

恐る恐る外に出て、海岸通りに入る。乗り味の第一印象は、スーパーカーというよりも、レーシングカー的だ。6時の位置に大きなつぶしの入った小径ステアリングはノンパワー。ステアリングは手応えに富む。路面の外乱にもけっこう神経質で、しっかりと直進させる必要がある。オートマチックなラクチンさでもてなすクルマではない。

日本では2014年7月1日に発売された、MRの2シータースポーツカー「アルファ・ロメオ4C」。そのフォルムは、1967年に生まれた「Tipo33/2」に着想を得たものだという。
日本では2014年7月1日に発売された、MRの2シータースポーツカー「アルファ・ロメオ4C」。そのフォルムは、1967年に生まれた「Tipo33/2」に着想を得たものだという。
インテリアのデザインは、「ドライバー重視のコンセプトを限界まで推し進めた」とされるもの。ハンドル位置は、写真の左のほかに右も選べる。本革製のシートは、本革巻きのステアリングホイールやハンドブレーキグリップとのセットオプションとして用意される。
インテリアのデザインは、「ドライバー重視のコンセプトを限界まで推し進めた」とされるもの。ハンドル位置は、写真の左のほかに右も選べる。本革製のシートは、本革巻きのステアリングホイールやハンドブレーキグリップとのセットオプションとして用意される。
「アルファ・ロメオ4C」のトランスミッションは、デュアルクラッチ式の6段ATのみ。センターコンソールには、ウィンドウ開閉スイッチのほか、シフトポジションや走行モードの選択スイッチが並ぶ。
「アルファ・ロメオ4C」のトランスミッションは、デュアルクラッチ式の6段ATのみ。センターコンソールには、ウィンドウ開閉スイッチのほか、シフトポジションや走行モードの選択スイッチが並ぶ。
「4C」のホイールは、前後で径が異なる。セットオプションの「スポーツパッケージ」を選択したテスト車には、それぞれ標準よりも1インチ大きい、フロント18インチ(写真)、リア19インチのアロイホイールが装着されていた。
「4C」のホイールは、前後で径が異なる。セットオプションの「スポーツパッケージ」を選択したテスト車には、それぞれ標準よりも1インチ大きい、フロント18インチ(写真)、リア19インチのアロイホイールが装着されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【レビュー】 2015.6.26 試乗記 カーボンモノコックのシャシーに最高出力240psの直噴ターボエンジンをミドシップ搭載した「アルファ・ロメオ4C」に試乗。軽量・高剛性のボディーがもたらす走りの実力に触れた。
  • FCA合同試乗会(後編)【試乗記】 2016.4.23 試乗記 大磯ロングビーチで開催されたFCA合同試乗会。リポートの後編では、アルファ・ロメオとフィアットの3台を紹介。広大な駐車場に作られた本格ジムカーナコースは、これまで幾度となくステアリングを握ってきた各モデルについて、いったいどんなことを教えてくれるのか?
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【海外試乗記】 2013.10.9 試乗記 ボディーの下にはレーシングカーさながらのカーボン製センターモノコックを隠し、パワー・ウェイト・レシオは3.7kg/ps、0-100km/hをわずか4.5秒で走り切る。しかも、ベースモデルの価格は600万円台!? これまで、こんなイタリアンスーパーカーがあっただろうか。スーパーカー・トゥ・ザ・ピープル! 北イタリアにあるアルファ・ロメオの“聖地”、バロッコ・テストコースからの第一報。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
ホームへ戻る