三菱アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ(4WD)

復活のきっかけとなるか 2015.08.20 試乗記 大規模な改良を受けて実力を上げた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。フロントデザインが改められただけでなく、乗り心地や操縦安定性も磨かれたという新型の走りやいかに?

今や三菱の主力モデル

とうとう「ランサー エボリューション」の生産中止が決まった。三菱ワークスチームがWRC(世界ラリー選手権)から撤退したのはもう10年も前のことで、その頃既に三菱はリコールの不祥事で存続の危機に立たされていたから、いつかはそういう時が来るだろうとは覚悟はしていたのだが、実際にそうなると、ランエボ以前の「ギャランVR-4」の時代からWRCを取材していた私にとってはいささかの感慨なしとしない。ひとことでは言えないが、あの時代が本当に終わったんだなあ、としみじみ思う。

もっとも、そんな選択と集中、具体的にはアジアをはじめとした新興市場に活路を見いだす戦略がようやく実を結びつつあり、実際に直近では過去最高益を続けて記録している。ようやく復活の兆しが見えてきたのかもしれない。とはいえ国内では苦戦を強いられている。混迷の過去15年ぐらいの間に三菱の国内販売はざっくり5分の1ぐらいに激減してしまったのだ。三菱自動車の年間生産台数は120万台ほどだが、国内販売台数はざっと12万台にすぎない。そのうち8万台ぐらいは軽自動車なので、登録車と呼ばれる普通乗用車は4万台程度ということになる。大幅な改良を受けた新型アウトランダーの月販目標台数はガソリン、PHEV合わせて1200台。要するに、アウトランダーは技術的なイメージリーダーとしてだけでなく、販売面においても「デリカ」と並ぶ最重要モデルということになる。ちなみに、2リッターのFWD(前輪駆動)と2.4リッターの4WDで計6車種あるガソリンモデルの月販目標は200台、それに対してPHEVはすべて4WDモデルで同1000台と発表されているから、明らかにメインはPHEVのほうである。

発売から約2年半で“ビッグマイナーチェンジ”を受けた「アウトランダー」シリーズ。「PHEV」はガソリン仕様に遅れること約1カ月、2015年7月9日に発売された。PHEVの販売目標は月間1000台(2015年度)。
発売から約2年半で“ビッグマイナーチェンジ”を受けた「アウトランダー」シリーズ。「PHEV」はガソリン仕様に遅れること約1カ月、2015年7月9日に発売された。PHEVの販売目標は月間1000台(2015年度)。
インパネのデザインは従来型に準じる。新型ではセンターコンソールのデザインが改められたほか、インパネやドアトリムのオーナメントパネルの柄が変更された。
インパネのデザインは従来型に準じる。新型ではセンターコンソールのデザインが改められたほか、インパネやドアトリムのオーナメントパネルの柄が変更された。
2リッター直4エンジンに2基の駆動用モーターを組み合わせたPHEVパワーユニットの出力とトルクは従来型と同じ。ただしハイブリッド燃料消費率(JC08モード)が18.6km/リッターから20.0km/リッター(Gプレミアムパッケージ)に改善されている。
2リッター直4エンジンに2基の駆動用モーターを組み合わせたPHEVパワーユニットの出力とトルクは従来型と同じ。ただしハイブリッド燃料消費率(JC08モード)が18.6km/リッターから20.0km/リッター(Gプレミアムパッケージ)に改善されている。
リアもよりSUVらしい力強いデザインに改められた。バンパー下部にはスキッドプレート形状が採用された。
リアもよりSUVらしい力強いデザインに改められた。バンパー下部にはスキッドプレート形状が採用された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アウトランダーPHEVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ(4WD)【試乗記】 2015.8.20 試乗記 大規模な改良を受けて実力を上げた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗した。フロントデザインが改められただけでなく、乗り心地や操縦安定性も磨かれたという新型の走りやいかに? 最上級グレードの「Gプレミアムパッケージ」のステアリングを握った。
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • 【LAショー2016】マツダ、新型「CX-5」を世界初公開 2016.10.28 自動車ニュース マツダは2016年10月28日、ロサンゼルスオートショー(2016年11月14日~27日)で、新型「CX-5」を世界初公開すると発表した。同社のデザインコンセプト「魂動(こどう)」をより高い次元に昇華させることに挑戦したという。
  • トヨタ・プリウスPHV(FF/CVT)【試乗記】 2016.8.27 試乗記 国内での発売が待たれる新型「プリウスPHV」に、サーキットで試乗。トヨタがハイブリッド車につぐ「次世代環境車の柱」と位置づける、プラグインハイブリッド車の乗り心地や使い勝手を報告する。
ホームへ戻る