ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)

立駐派に朗報 2015.08.24 試乗記 「ホンダN-ONE」がマイナーチェンジを受け、新たに「LOWDOWN(ローダウン)」仕様が加わった。スポーティーな外観を得て、立体駐車場を味方につけたローダウンだが、逆に失ったものはないのか? 試乗を通じてその日常性能をチェックした。

ブームが終わる気配なし

2011年に登場した「ホンダN-BOX」に始まるNシリーズは、昨年をピークとする現在の軽自動車ブームを盛り上げたモデル群といえる。ここ数年繰り広げられてきた「ワゴンR」対「ムーヴ」、「スペーシア」対「タント」といったスズキ対ダイハツの激しい販売競争に、ホンダがNシリーズをひっさげて割って入ったことで、軽自動車全体の販売競争が激化した。この動きに対し、4社ある軽自動車生産メーカーの残る1社である三菱は、日産と組んで合弁会社を設立。2モデルを共同開発し、それぞれのブランドを冠して販売することで対抗した。

こうやって軽自動車業界全体が年々盛り上がり、14年、とうとう国内新車販売シェアの4割を超える227万2790台が売れた。大ざっぱな内訳は、スズキが70万9000台、ダイハツが70万6000台、ホンダが40万2000台、三菱・日産連合が32万2000台といったところ。

ただし、14年の競争が各社大規模な「自社登録」も辞さないほど激しいものだったのと、4月に軽自動車税が引き上げられたこともあって、15年は上半期で104万5456台と前年同期の84.6%しか売れていない。

とはいえ、各社とも販売面で中心となるハイトワゴン(ワゴンR、ムーヴなど)とスーパーハイトワゴン(スペーシア、タントなど)に加え、さまざまなオルタナティブをラインナップすることで、多様な需要に応えている。「ハスラー」、「ウェイク」、いろんな顔の「コペン」、「アルト ターボRS」、「S660」、それに昔からある「ジムニー」など、今や軽自動車のなかでフルラインナップが完成しそうな勢い。軽自動車ブームはまったく終わる気配がない。ブームというより、税制に大きな変化でもない限り、この流れは続くのだろう。

今回試乗したのは、質感と装備が充実した上級グレード「Premium Tourer(プレミアム ツアラー)」のローダウン仕様。64psのターボエンジンを搭載したFF車で、車両価格は169万8000円。
今回試乗したのは、質感と装備が充実した上級グレード「Premium Tourer(プレミアム ツアラー)」のローダウン仕様。64psのターボエンジンを搭載したFF車で、車両価格は169万8000円。
インテリアは、プラスチックパーツをはじめとする各パーツの質感が高いので、安っぽく見えない。今回のマイナーチェンジで、オートリトラミラーやETC車載器などが標準装備となった(ベーシックな「G」グレードを除く)。
インテリアは、プラスチックパーツをはじめとする各パーツの質感が高いので、安っぽく見えない。今回のマイナーチェンジで、オートリトラミラーやETC車載器などが標準装備となった(ベーシックな「G」グレードを除く)。
0.66リッター直3ターボエンジンのスペックは従来型と変わらず。JC08モード燃費は23.6km/リッター。
0.66リッター直3ターボエンジンのスペックは従来型と変わらず。JC08モード燃費は23.6km/リッター。
ボディーカラー「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」(写真)は今回加わった新色。ローダウン仕様はルーフがブラックとなる。
ボディーカラー「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」(写真)は今回加わった新色。ローダウン仕様はルーフがブラックとなる。
関連記事
  • ホンダ、「N-WGN/N-WGNカスタム」に装備充実の特別仕様車 2016.12.8 自動車ニュース 本田技研工業は2016年12月8日、軽乗用車「N-WGN」に特別仕様車「SSパッケージ」を、「N-WGNカスタム」に特別仕様車「SSパッケージ」と「SS 2トーンカラースタイルパッケージ」「ターボSS 2トーンカラースタイルパッケージ」をそれぞれ設定した。
  • 「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車 2016.11.10 自動車ニュース 本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。
  • ホンダN-WGN G・Aパッケージ(FF/CVT)/N-WGNカスタム G・ターボパッケージ(FF/CVT)【試乗記】 2013.12.15 試乗記 軽自動車のメインストリームであるハイトワゴンのジャンルに登場した「N-WGN」。「スズキ・ワゴンR 」「ダイハツ・ムーヴ」の二強と、真正面からぶつかるこのクルマに試乗した。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編) 2017.5.4 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。全長わずか2.8mという小さなボディーがもたらすコンパクトな走りは、谷口の目にどう映ったか?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る