ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)

立駐派に朗報 2015.08.24 試乗記 「ホンダN-ONE」がマイナーチェンジを受け、新たに「LOWDOWN(ローダウン)」仕様が加わった。スポーティーな外観を得て、立体駐車場を味方につけたローダウンだが、逆に失ったものはないのか? 試乗を通じてその日常性能をチェックした。

ブームが終わる気配なし

2011年に登場した「ホンダN-BOX」に始まるNシリーズは、昨年をピークとする現在の軽自動車ブームを盛り上げたモデル群といえる。ここ数年繰り広げられてきた「ワゴンR」対「ムーヴ」、「スペーシア」対「タント」といったスズキ対ダイハツの激しい販売競争に、ホンダがNシリーズをひっさげて割って入ったことで、軽自動車全体の販売競争が激化した。この動きに対し、4社ある軽自動車生産メーカーの残る1社である三菱は、日産と組んで合弁会社を設立。2モデルを共同開発し、それぞれのブランドを冠して販売することで対抗した。

こうやって軽自動車業界全体が年々盛り上がり、14年、とうとう国内新車販売シェアの4割を超える227万2790台が売れた。大ざっぱな内訳は、スズキが70万9000台、ダイハツが70万6000台、ホンダが40万2000台、三菱・日産連合が32万2000台といったところ。

ただし、14年の競争が各社大規模な「自社登録」も辞さないほど激しいものだったのと、4月に軽自動車税が引き上げられたこともあって、15年は上半期で104万5456台と前年同期の84.6%しか売れていない。

とはいえ、各社とも販売面で中心となるハイトワゴン(ワゴンR、ムーヴなど)とスーパーハイトワゴン(スペーシア、タントなど)に加え、さまざまなオルタナティブをラインナップすることで、多様な需要に応えている。「ハスラー」、「ウェイク」、いろんな顔の「コペン」、「アルト ターボRS」、「S660」、それに昔からある「ジムニー」など、今や軽自動車のなかでフルラインナップが完成しそうな勢い。軽自動車ブームはまったく終わる気配がない。ブームというより、税制に大きな変化でもない限り、この流れは続くのだろう。

今回試乗したのは、質感と装備が充実した上級グレード「Premium Tourer(プレミアム ツアラー)」のローダウン仕様。64psのターボエンジンを搭載したFF車で、車両価格は169万8000円。
今回試乗したのは、質感と装備が充実した上級グレード「Premium Tourer(プレミアム ツアラー)」のローダウン仕様。64psのターボエンジンを搭載したFF車で、車両価格は169万8000円。
インテリアは、プラスチックパーツをはじめとする各パーツの質感が高いので、安っぽく見えない。今回のマイナーチェンジで、オートリトラミラーやETC車載器などが標準装備となった(ベーシックな「G」グレードを除く)。
インテリアは、プラスチックパーツをはじめとする各パーツの質感が高いので、安っぽく見えない。今回のマイナーチェンジで、オートリトラミラーやETC車載器などが標準装備となった(ベーシックな「G」グレードを除く)。
0.66リッター直3ターボエンジンのスペックは従来型と変わらず。JC08モード燃費は23.6km/リッター。
0.66リッター直3ターボエンジンのスペックは従来型と変わらず。JC08モード燃費は23.6km/リッター。
ボディーカラー「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」(写真)は今回加わった新色。ローダウン仕様はルーフがブラックとなる。
ボディーカラー「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」(写真)は今回加わった新色。ローダウン仕様はルーフがブラックとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

N-ONEの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る