トヨタ・シエンタ 開発者インタビュー

小さいからこそ、普通車だからこそ 2015.08.11 試乗記 トヨタ自動車
製品企画本部
ZP チーフエンジニア
粥川 宏(かゆかわ ひろし)さん

12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。

トヨタミニバン3つ目の柱

大型ミニバンの「アルファード/ヴェルファイア」は、市場をほぼ独占している。中型の「ノア/ヴォクシー」には「エスクァイア」も加わり、売れ行きは絶好調。残るのは小型ミニバンで、「ホンダ・フリード」の牙城を崩すという使命を担うのが「シエンタ」だ。12年ぶりとなる新型の開発を担った粥川 宏さんは、ミニバンのフルラインナップ制覇を狙うトヨタの戦略を、製品にどう表現したのか。

トヨタのミニバンが大・中・小とある中で、3つ目の柱ですね。マーケットを大きく見ると、全体がダウンサイジングに向かっています。日本はそういう市場ですから。小の部分にしっかりしたクルマを置いておかないと、いずれお客さんは違うところに行ってしまう。だから、3つの柱のひとつとしてしっかりしたものを作らなければならないという気持ちはありましたね。

――アルヴェルやノアヴォクとは、まったくデザインの方向性が違っていますね。

ミニバンをどんどん小さくしていくというアプローチではないんです。あえてこのコンパクトを買うのだから、違うニーズがあります。2ボックスの形で取り回しがいいように見えなければならないし、室内の広さとスライドドアはもちろん重要。質感でガッカリさせてはいけません。使いやすそうで、これだったら私でも乗れるわ、と思ってもらうことが大切です。

――あまりエラそうに見えてはいけない?

デンと構えてはいけないんです。軽自動車のスーパーハイト系、特にカスタムがそういう傾向ですね。小さいからこそ、小さいクルマなりの機能と用途に見合った形にしていきたい。

トヨタ車のラインナップにおいて、最もコンパクトなミニバンとなる「シエンタ」。2015年7月9日に2代目が発売された。
トヨタ車のラインナップにおいて、最もコンパクトなミニバンとなる「シエンタ」。2015年7月9日に2代目が発売された。
後部ドアはスライド式。開口部は、幅・高さともに先代よりも拡大されている。
後部ドアはスライド式。開口部は、幅・高さともに先代よりも拡大されている。
2列目シート。ベンチ式の3人掛けタイプ(写真)と、中央部分が小物入れになった2人掛けタイプが用意される。
2列目シート。ベンチ式の3人掛けタイプ(写真)と、中央部分が小物入れになった2人掛けタイプが用意される。
<プロフィール>
1984年入社。初代「レクサス」や「スープラ」などのボディー設計を手がけ、環境対応の小型軽量車の先行開発に携わった。「プリウスα」の主査を経て、2011年からシエンタの開発責任者となる。
<プロフィール>
	1984年入社。初代「レクサス」や「スープラ」などのボディー設計を手がけ、環境対応の小型軽量車の先行開発に携わった。「プリウスα」の主査を経て、2011年からシエンタの開発責任者となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シエンタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る