ホンダS660 α モデューロパーツ装着車(MR/6MT)/N-ONEモデューロX(FF/CVT)/N-BOXモデューロX G・ターボパッケージ(FF/CVT)/N-BOXスラッシュ X・ターボパッケージ モデューロパーツ装着車(FF/CVT)/ジェイドRS モデューロパーツ装着車(FF/CVT)

見た目以上に本格派 2015.08.18 試乗記 ホンダ車用の純正カスタマイズアイテムを提供するブランド「Modulo(モデューロ)」。そのパーツを組み込むことで、実際の走りや乗り心地はどのように変化するのか? 「S660」をはじめとする5台のテスト車に試乗して確かめた。

20年以上続くカスタマイズブランド

ホンダ車用純正用品の企画、設計、そして開発を担当する、ホンダ技研工業の100%子会社がホンダアクセス。そして、ここが手がけた走りにまつわるチューニングパーツのブランド名がモデューロである。

この名称が最初に用いられたのは、1994年に発売されたアルミホイールだった。その後、独自デザインのエアロパーツやスポーツサスペンションなど数々のアイテムの開発と販売を経て、今では、さまざまな専用カスタマイズパーツを装着し、ベースのホンダ車と同様の安全性、品質、信頼性を備えたコンプリートカー「モデューロX」シリーズをローンチさせるまでに至っている。

自動車メーカー直系ゆえ、新車の開発初期から一体となった製品開発が可能となり、テストコースをはじめとするさまざまな“メーカーの資産”も活用することができるというのも、大きな強みだ。

そんなモデューロで今、最もホットなネタが、話題のマイクロコンパクトスポーツカーS660の走りのポテンシャルをさらに引き上げるべく開発された、数々のアイテムである。

会場に並べられた試乗車。写真左から、コンプリートカーの「N-ONEモデューロX」「N-BOXモデューロX G・ターボパッケージ」、そしてモデューロのカスタマイズパーツを装着した「N-BOXスラッシュ X・ターボパッケージ」「ジェイドRS」。
会場に並べられた試乗車。写真左から、コンプリートカーの「N-ONEモデューロX」「N-BOXモデューロX G・ターボパッケージ」、そしてモデューロのカスタマイズパーツを装着した「N-BOXスラッシュ X・ターボパッケージ」「ジェイドRS」。
こちらは、「ホンダS660」ベースのカスタマイズカー。写真左(黄色)の外装は、ホイールを除いて標準車とほぼ変わらない仕立て。右の車両(白)には、モデューロオリジナルのバンパーやスポイラーが与えられている。
こちらは、「ホンダS660」ベースのカスタマイズカー。写真左(黄色)の外装は、ホイールを除いて標準車とほぼ変わらない仕立て。右の車両(白)には、モデューロオリジナルのバンパーやスポイラーが与えられている。
「ネオサテンフィニッシュ」と名付けられた意匠の、「N-BOXスラッシュ」用15インチアルミホイール。なお「モデューロ」は、1994年にアルミホイールのブランドとして誕生した。
「ネオサテンフィニッシュ」と名付けられた意匠の、「N-BOXスラッシュ」用15インチアルミホイール。なお「モデューロ」は、1994年にアルミホイールのブランドとして誕生した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る