ジャガーXE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)

コーナーにときめく 2015.08.14 試乗記 ジャガーの新型スポーツセダン「XE」がいよいよ日本に導入された。Dセグメント市場での捲土(けんど)重来をかけて開発されたニューモデルの実力を、2リッターガソリンエンジンの上級グレードで試す。

ブランド復活を確信させる出来栄え

名門ジャガーの新型コンパクトサルーン、それも後輪駆動で、アルミモノコック! ということで大いなる期待を抱き、御殿場で開かれた試乗会にいそいそと赴いた。

ジャガー・ランドローバー独自のディーゼル&ガソリンの双子「インジニウム・エンジン」もXEの話題のひとつだけれど、日本仕様は、まずフォードゆかりのガソリンエンジンのみが上陸した。200psと240psの2リッターターボと、340psの3リッタースーパーチャージャーの2本立て、というか3本立てで、200ps版には装備の違いで2グレード設けられている。つまり、ガソリンのみで4種類のグレード設定がある。ギアボックスはいずれもZF製の8ATがおごられている。

このうち、私が試乗したのは「2.5ポートフォリオ」と呼ばれる2リッター直4ターボエンジンの最強、最豪華モデルで、レザーシートが付いてくる。最高出力は240ps/5500rpm、最大トルク34.7kgm/1750rpmである。車重はガラスサンルーフ付きのためもあって、意外と重い1660kgである。

雨の中、長尾峠を走った。舞台は小さなRが連続する。ウ~ム。これはものすごくいい! コーナリングそのこと自体にトキメキを感じる。横Gで体が斜めになりながら、細胞のひとつひとつがプチプチとよみがえっていく。エイペックスを過ぎ、ステアリングを戻しながら加速する。瞬間瞬間が、なんともヴィヴィッドで、楽しいなぁ~と感じる。

そういう感覚はどこからくるのだろう? 

実際の車重とは関係なく、いや関係はあるだろうけれど、感覚的にともかく軽やかなのだ。前後重量配分はほとんど完璧に50:50。といってBMW的ではまったくない。

やや深めだけれど完璧に制御されたロールの仕方とか、Gの出方とか、パワートレインの反応とか、そういうものが人間の感覚を研ぎすますようなあり方で仕立てられている。使い古された表現を用いれば、乗り心地とハンドリングのバランスに、新境地を開いた。アルミモノコックボディーはたいへんしっかりしており、225/45ZR18のタイヤが全然気にならない。硬めではあるけれど、硬さが気にならんのである。『赤ひげ』とか『椿三十郎』に出ていた頃の加山雄三を思わせる。まだ見てない方はぜひご覧ください。ジャギュアの若大将。やっぱりボカァ、意味不明だなぁ。

結論→ジャギュア再興に寄与する1台となる、い~いクルマだ。

価格は642万円。ライバルの「BMW 328iラグジュアリー/スポーツ」は621万円、「メルセデス・ベンツC250スポーツ」が657万円。比較テストを読みたいです。

(文=今尾直樹/写真=小河原認)

【スペック】
全長×全幅×全高=4680×1850×1415mm/ホイールベース=2835mm/車重=1640kg(電動ガラスサンルーフ装着車は1660kg)/駆動方式=FR/エンジン=2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(240ps/5500rpm、34.7kgm/1750rpm)/トランスミッション=8AT/燃費=12.5km/リッター(JC08モード)/価格=642万円
 

ジャガーの新型スポーツセダン「XE」。同社がDセグメント市場に新型車を投入するのは、2001年にデビューした「Xタイプ」以来のこととなる。
ジャガーの新型スポーツセダン「XE」。同社がDセグメント市場に新型車を投入するのは、2001年にデビューした「Xタイプ」以来のこととなる。
「XE 2.5ポートフォリオ」のインテリア。シートの表皮はソフトグレインレザーで、前席には14wayの電動調整機構やシートヒーターが標準装備される。
「XE 2.5ポートフォリオ」のインテリア。シートの表皮はソフトグレインレザーで、前席には14wayの電動調整機構やシートヒーターが標準装備される。
ガソリンエンジンのラインナップは全3種類。いずれもトランスミッションには8段ATが組み合わされる。駆動方式はFRのみで、4WDの設定はない。
ガソリンエンジンのラインナップは全3種類。いずれもトランスミッションには8段ATが組み合わされる。駆動方式はFRのみで、4WDの設定はない。
ダイヤル式のシフトセレクターの手前に備わる「JaguarDriveコントロール」のスイッチ。「スタンダード」「エコ」「ダイナミック」「ウインター」の4つの走行モードが用意されている。
ダイヤル式のシフトセレクターの手前に備わる「JaguarDriveコントロール」のスイッチ。「スタンダード」「エコ」「ダイナミック」「ウインター」の4つの走行モードが用意されている。
「XE」にはブレーキ制御によるベクタリング機能が搭載されており、コーナーでは内側の後輪にブレーキをかけることで、アンダーステアの発生を抑える。
「XE」にはブレーキ制御によるベクタリング機能が搭載されており、コーナーでは内側の後輪にブレーキをかけることで、アンダーステアの発生を抑える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XEの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXF 20d ピュア(FR/8AT)/XF 25t プレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.26 試乗記 ボディーにアルミニウムを大々的に採用し、先進的なインフォテインメントシステムを搭載するなど、大きく飛躍したジャガーの新型「XF」。2リッターディーゼルエンジン搭載車と、同じく2リッターガソリンエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • 第8回:XFは生粋のドライバーズカーである(最終回)
    2カ月間で3000kmを後にして思ったこと
    2016.8.24 ジャガーXF長期試乗リポート 2カ月にわたってリポートしてきた「ジャガーXF」の長期試乗記も、今回でいよいよ最終回。3000kmあまりを後にして、われわれの手元に残ったXFの手応えは……。まずは燃費の報告から。総平均は9.2km/リッターまで上昇した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る