ダイハツ・セニアがマイナーチェンジ

2015.08.12 自動車ニュース
「ダイハツ・セニア」
「ダイハツ・セニア」

「ダイハツ・セニア」がマイナーチェンジ

インドネシアにおけるダイハツ工業の子会社であるアストラ・ダイハツ・モーターは2015年8月12日、多目的乗用車「XENIA(セニア)」にマイナーチェンジを実施し、同年8月20日に発売すると発表した。

 

セニアはインドネシア市場のみで販売されているマルチパーパースビークルであり、全長×全幅×全高=4190×1660×1695mmというコンパクトサイズのボディーに、7人が乗車できる車内空間を確保している。発売は2004年のことで、ダイハツとトヨタの初の共同開発車として誕生した。

今回のマイナーチェンジでは、1.3リッターモデルに新型の「NR」型エンジンを搭載したほか、ダイハツが軽自動車開発で培った低コスト化、軽量化技術を用いて、プラットフォームを大幅に改良。サスペンションの最適化も実施した。これにより、悪路走破性や多人数乗車時の登坂性を高めながら、燃費性能を約16%向上。同時に静粛性や操縦安定性、乗り心地の改善も図っている。

内外装についても変更しており、インテリアの質感を高めるとともに、インドネシアにおける嗜好(しこう)を反映した、力強くスポーティーなエクステリアを実現したという。また、1.3リッター車では最小回転半径を4.7mに抑えるとともに、3列目シートの格納を左右分割式に変更するなど利便性の向上も果たしている。

価格は税込みで約1億5100万~1億8700万ルピア(約151万~187万円、1円=100ルピアで換算)。販売目標台数は5000台/月。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。