トヨタ・ランドクルーザーがマイナーチェンジ

2015.08.17 自動車ニュース
「トヨタ・ランドクルーザー」
「トヨタ・ランドクルーザー」

「トヨタ・ランドクルーザー」がマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2015年8月17日、SUV「ランドクルーザー」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

従来モデルからフロントまわりが一新された。
従来モデルからフロントまわりが一新された。
リアまわりではリアコンビランプとライセンスガーニッシュのデザインを変更している。
リアまわりではリアコンビランプとライセンスガーニッシュのデザインを変更している。
ボディーカラーは新色2色を含む、全9色の設定。(写真をクリックすると、カラーバリエーションが見られます)
ボディーカラーは新色2色を含む、全9色の設定。(写真をクリックすると、カラーバリエーションが見られます)
「ランドクルーザーZX」のインストゥルメントパネル。
「ランドクルーザーZX」のインストゥルメントパネル。
シートレイアウトは従来モデル同様、「GX」が2列5人乗り、他のグレードが3列8人乗りとなっている。
シートレイアウトは従来モデル同様、「GX」が2列5人乗り、他のグレードが3列8人乗りとなっている。
「アンダーフロアビュー」は、ボディーの下にカメラを備えるのではなく、フロントのカメラで事前に撮影しておいた路面の映像を表示する仕組みである。
「アンダーフロアビュー」は、ボディーの下にカメラを備えるのではなく、フロントのカメラで事前に撮影しておいた路面の映像を表示する仕組みである。
「フロントビュー回転表示」
「フロントビュー回転表示」

トヨタ・ランドクルーザーがマイナーチェンジの画像

■フロントマスク一新

今回のマイナーチェンジでは、内外装デザインの変更に加え、ミリ派レーダーと単眼カメラを採用した運転支援システム「Toyota Safety Sence P」を他車に先駆けて採用した点もトピックとなっている。

エクステリアでは特に大きく変わったのがフロントマスクで、グリルには上下にメッキを施した3本のバーを採用。ボンネットフードは、パワーバルジに縦方向のえぐりを入れた新しい意匠とした。またLED式となったヘッドランプについても、レンズの上をグリルフレームから伸びたバーが通るデザインに変更している。

一方リアについては、リアコンビランプを新しいデザインとしたほか、ライセンスガーニッシュを左右のランプをつなぐ意匠に変更。アルミホイールについては、「ZX」の20インチには切削・光輝処理とグレー塗装を組み合わせたツートンカラーのデザインを、「AX」「AX“Gセレクション”」には放射状に広がる5ツインスポークタイプのデザインを採用した。

ボディーカラーは、新たに「カッパーブラウンマイカ」「ダークブルーマイカ」の2色を加えた、全9色の設定。

■センタークラスターの改良で操作性を改善

インテリアでは、センタークラスターにスイッチや表示類を集約。オーディオや空調など、機能ごとにまとめてそれらを配置することで、操作性を改善したという。メーターは全車オプティトロン(自発光式)としたほか、ひと目で車両の状況が把握できることを重視して、アナログ式の速度計とエンジン回転計、油圧計、水温計、電圧計、燃料計を採用。中央には車速や燃費などの車両情報や、カーナビによる方向指示などの表示機能を備えた、4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイを装備している。

質感の向上も図っており、メーターの盤面やセンタークラスターなどには、削りだしの金属を思わせるヘアライン処理の装飾パネルを採用。上級グレードではシート表皮をセミアニリン本革としたほか、天井色にブラックを追加している。

内装色は新設定「ブラウン」を含む全4色の設定となっている。

■緊急自動ブレーキ以外にも注目の装備が

安全装備も大幅に強化しており、「歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティー」「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付き)」「レーンディパーチャーアラート」「オートマチックハイビーム」の4つの機能からなる運転支援システム「Toyota Safety Sence P」を全車に標準で採用した。

さらに、パノラミックビューなどによって周囲の安全を確認できる「マルチテレインモニター」には、「アンダーフロアビュー」と「フロントビュー回転表示」という2つの新機能を採用。前者は車体下の路面の状況やタイヤの位置などを表示する機能、後者はディスプレイ上に地平線を水平表示することで、路面の状態や車両の傾きを確認できる機能となっている。

このほかにも、急ブレーキをかけるとハザードランプが自動で点滅する「緊急ブレーキシグナル」を全車に標準装備したほか、隣車線の車両をレーダーで検知し、車線変更時の後方確認をアシストする「ブラインドスポットモニター」を「ZX」に標準で、「AX」と「AX“Gセレクション”」にオプションで採用。また駐車場から後退して出る際に接近してくる車両を検知し、ドライバーに注意を喚起する「リアクロストラフィックアラート」や、4輪の空気圧をマルチインフォメーションディスプレイに表示する「タイヤ空気圧警報システム」を、「GX」を除く全グレードにオプション設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・GX:472万8437円
・AX:513万4909円
・AX“Gセレクション”:585万4582円
・ZX:682万5600円

(webCG)
 

関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る