メルセデス・ベンツCLA250シューティングブレーク オレンジアート エディション(FF/7AT)

バランスのいいニッチモデル 2015.08.26 試乗記 コンパクトなFFモデルの健闘で、国内セールスの好調が伝えられるメルセデス。その最新型となる、スタイリッシュなワゴン「CLA250シューティングブレーク オレンジアート エディション」に試乗。走りや使い勝手、そして燃費を報告する。

受注生産モデルの特別仕様車

『webCG』の編集部が移転した後、初めて訪れたのは「メルセデス・ベンツCLA250シューティングブレーク」を受け取りに行った時だった。新しい駐車場を案内するのに、編集部員3人が付き添ってくれる。1人でも十分なのに、ずいぶん丁重なおもてなしだ。ついにそういう身分になったのかと感慨にふけったが、違っていた。表通りに出るまでに難度の高いクランクが2カ所あり、大切な広報車を傷つけられては困るというので万全の監視体制を整えたのである。

全長4640mmのCLAシューティングブレークは、白線で描かれたスペースから鼻先がはみ出している。狭い道を無事に通り抜けられるか心配したのも無理はない。しかし、案ずるほどのことはなくスムーズにミッションは完了した。最小回転半径は5.1mであり、見た目よりも取り回しはいいのだ。FFとはいえ、このあたりはさすがメルセデスである。見て大きく乗って小さいのが、このブランドの取りえだ。

借りだしたモデルは「オレンジアート エディション」である。要するに特別仕様車だ。スペシャルな内外装や装備が与えられているわけだが、そもそもベース車のCLA250シューティングブレークがマイナーなモデルだ。CLAシューティングブレークは4ドアクーペ「CLA」のワゴン版で、この6月から販売されている。1.6リッターターボの「180」、2リッターターボの「250」があり、250のカタログモデルは「CLA250シュポルト 4MATICシューティングブレーク」のみ。FFのCLA250シューティングブレークは受注生産なのだ。この機会に試乗しないと、次にいつ乗れるかわからない。

オレンジアート エディションは、高性能版の「メルセデスAMG CLA45 4MATICシューティングブレーク」とともに、台数限定で販売される。250は合計200台で、試乗車のボディーカラー「マウンテングレー」が120台、ほかに「コスモスブラック」が80台用意されている。

メルセデスの特別限定車「CLA250シューティングブレーク オレンジアート エディション」。車名の通り、オレンジの差し色を生かした各種のドレスアップアイテムが特徴となっている。
メルセデスの特別限定車「CLA250シューティングブレーク オレンジアート エディション」。車名の通り、オレンジの差し色を生かした各種のドレスアップアイテムが特徴となっている。
インテリアでは、「ダークハニカムグレーン」と名付けられたシルバーのセンターパネルが目を引く。
インテリアでは、「ダークハニカムグレーン」と名付けられたシルバーのセンターパネルが目を引く。
メーターは、大小4つのアナログ計で構成される。中央のマルチインフォメーションディスプレイには、運転支援システムのほか、さまざまな車両情報が表示される。
メーターは、大小4つのアナログ計で構成される。中央のマルチインフォメーションディスプレイには、運転支援システムのほか、さまざまな車両情報が表示される。
 
メルセデス・ベンツCLA250シューティングブレーク オレンジアート エディション(FF/7AT)【試乗記】の画像
「18インチAMGマルチスポークアルミホイール」もオレンジのラインで飾られる。標準車(17インチ)と比べ、直径は1インチ大きい。ドリル孔のあるディスクローターも特別装備の一つ。
「18インチAMGマルチスポークアルミホイール」もオレンジのラインで飾られる。標準車(17インチ)と比べ、直径は1インチ大きい。ドリル孔のあるディスクローターも特別装備の一つ。
関連記事 ホームへ戻る