第308回:クルマの進化はここまできている! ~次期「メルセデス・ベンツEクラス」に見る安全技術

2015.08.20 エッセイ
次期型「メルセデス・ベンツEクラス」。正式発表前とあって、カムフラージュ柄をまとっている。
次期型「メルセデス・ベンツEクラス」。正式発表前とあって、カムフラージュ柄をまとっている。

安全技術や運転支援システムへの、長年にわたる取り組みで知られるメルセデス・ベンツ。これからの市販モデルには、どんな装備が組み込まれ、この先クルマは、どんな進化を遂げるのだろうか? ドイツの説明会で得られた、最新情報を報告する。

これまでと同様に、次の「Eクラス」にも、最新の安全装備や運転支援システムがたっぷりと盛り込まれることになる。
これまでと同様に、次の「Eクラス」にも、最新の安全装備や運転支援システムがたっぷりと盛り込まれることになる。
こちらは、スマートフォンをキー代わりに使う「Digital Car key」の説明図。個人を特定できる電子機器を生かした技術である。
こちらは、スマートフォンをキー代わりに使う「Digital Car key」の説明図。個人を特定できる電子機器を生かした技術である。
説明資料の中には、次期「Eクラス」とおぼしき、コンピューターグラフィックの映像も。
説明資料の中には、次期「Eクラス」とおぼしき、コンピューターグラフィックの映像も。

「これからの安全技術」に触れる

上に「S」、下には「C」という重要な基幹モデルを従え、自らも全ラインナップ中の中堅どころというポジションを盤石のものとしてきた「メルセデス・ベンツEクラス」。
そんなEクラスの現行モデル「W212型」も、デビューからはや6年半。そろそろ次期モデルもデビューへのカウントダウンがスタート、というタイミングが迫ってきた。

そんな新型のデビューは、おそらく2016年1月のデトロイトモーターショーになる……などとうわさされる中で開催されたのが、独ダイムラー本社主催によるイベント「TecDay Mercedes-Benz E-Class Intelligence&Safety」である。

ドイツはシュトゥットガルトの本拠地に隣接するスタジオ内に特設された舞台で行われたのは、前述のタイトルからも明らかなように、次期Eクラスに盛り込まれる予定の、主に安全に関わる先進技術にフォーカスしたワークショップだ。

さまざまなテクノロジーごとにスペースが分けられた会場内には、実際のアイテムがディスプレイされるとともに、担当するエキスパートが説明を行い、各国から訪れたジャーナリストの質問に答える、という趣向だった。
次期Eクラスとおぼしきモデルも展示はされていたものの、内外装ともに入念な擬装が施され、さすがにまだその全容が明かされることはなかった。もっとも、今回のイベントの趣旨からしても、車両そのものの概要が明かされなかったのは、やむを得ないところではあるが。

というわけで、ここからは、今回明らかにされた新技術のいくつかをかいつまんでお伝えしていこう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る