アウディTTSクーペ(4WD/6AT)/TTクーペ 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)/TTロードスター 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)

全天候型スポーツカー 2015.08.20 試乗記 3代目となる「アウディTT」シリーズが国内でデビュー。初代をほうふつさせるデザインと先進的なインテリアが目を引く、新型コンパクトスポーツの仕上がりは? 正式発表を前に、北海道・十勝スピードウェイで試乗した。

TTオーナーになる夢

「TT」――それが、マン島で開催される「ツーリスト・トロフィー」という由緒あるイベントに由来するネーミングであるのは、実は後に知った事柄。当時の本心を言ってしまえば、別にそうした名前などは「どうでもよかった」のだ。

クルマはやっぱり走りでしょ! と、ルックスなどは二の次で初代の「MR2」やら初代の「ボクスター」やらといったモデルに手を出した自分にとって、まさに“ひと目ぼれ”の末に購入の決心をした初めてのモデルが初代「TTクーペ」だった。

どんなクルマにも似ていない……どころか、「まだこんなアイデアがあったのか!」と、エクステリアにもインテリアにもそんな感動を覚えた、まさにコンセプトカーそのものと思えるデザインから受けたインパクトは、自分でも驚いてしまうくらいに強烈なものだった。

が、ボディーや内装のカラーまでを決めたにも関わらず、結局そんなモデルを手に入れるには至らなかった。

あろうことか、当時の日本のインポーターは「MT仕様は左ハンドルのみでしか導入しない」と決定。左側通行の国で、わざわざ“不便で危ない”左ハンドル車を、それも大枚はたいて新車で乗ろうという気には、さすがになれなかったためである。

こうして、一時は大いに盛り上がった“TTオーナーになる夢”は、はかなく消え去ることに。そんなほろ苦い思い出からはや17年。TTは今、第3世代のモデルへと進化を遂げて、再び姿を現した。

アウディのコンパクトなスポーツモデルとして1998年にデビューした「TT」。今回の新型は3代目にあたる。
アウディのコンパクトなスポーツモデルとして1998年にデビューした「TT」。今回の新型は3代目にあたる。
「TTクーペ 2.0 TFSIクワトロ」のインテリア。エアコンの吹き出し口はジェットエンジンを思わせるデザインとなっており、室温や風量などをコントロールするスイッチは、吹き出し口の中心に備わっている。
「TTクーペ 2.0 TFSIクワトロ」のインテリア。エアコンの吹き出し口はジェットエンジンを思わせるデザインとなっており、室温や風量などをコントロールするスイッチは、吹き出し口の中心に備わっている。

「TTクーペ」の荷室容量は、通常時で305リッター。後席を折り畳めば712リッターまで拡大できる。


	「TTクーペ」の荷室容量は、通常時で305リッター。後席を折り畳めば712リッターまで拡大できる。
写真手前より時計回りに、「TTSクーペ」「TTクーペ」「TTロードスター」。
写真手前より時計回りに、「TTSクーペ」「TTクーペ」「TTロードスター」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る