第412回:アバルト買う? それとも屋台開業?
もうひとつのカロッツェリア・イタリアーナ

2015.08.21 エッセイ

夏といえば三輪トラック屋台

前回、動画でお届けしたミラノ国際博覧会(ミラノエキスポ)。各国の展示やパフォーマンスもさることながら、会場ではパビリオンとパビリオンの間に置かれた食べ物屋台も魅力である。
ジェラート、チョコレート、お菓子、カフェなど、売られている品はさまざま。いっぽうで使われている大半の車両は、本欄でもおなじみのピアッジョ製三輪トラック「アペ」だ。エキスポだけでなく、夏祭りが行われるこの季節は、各地で同様にアペを用いた屋台と出くわす。

イタリアには、アペを屋台仕様に改造する架装業者がいくつもある。
ここ数年のストリート・フード・ブームに便乗するかたちで誕生した会社のかたわらで、それなりのキャリアをバックボーンとする会社も存在する。そのひとつは、中部トスカーナ州アレッツォに本拠を置くレスティ社だ。従業員は70人。1960年の創業当初は、青空メルカート(市場)で営業する行商用バンを改造するプロフェッショナルで、その技術を生かしてアペの改造も手がけている。

ミラノエキスポ会場で。チョコレートドリンクの屋台は、「ピアッジョ・アペ」を改造した、レスティ社の「オイスター」というモデルで、大きな可動式シェード&ルーフをもつ。中では炎暑の中、お姉さんが奮闘していた。
ミラノエキスポ会場で。チョコレートドリンクの屋台は、「ピアッジョ・アペ」を改造した、レスティ社の「オイスター」というモデルで、大きな可動式シェード&ルーフをもつ。中では炎暑の中、お姉さんが奮闘していた。
レスティ社「オイスター」のベースは、「アペ クラシック400」である。
レスティ社「オイスター」のベースは、「アペ クラシック400」である。
同じくミラノエキスポ会場で。有名なペルジーナ社製チョコレート「バチ」の屋台。こちらの改造は、トリノのビジネス・オン・ザ・ロード社によるもの。
同じくミラノエキスポ会場で。有名なペルジーナ社製チョコレート「バチ」の屋台。こちらの改造は、トリノのビジネス・オン・ザ・ロード社によるもの。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。