スズキ・スペーシアに燃費自慢のターボモデル

2015.08.18 自動車ニュース
「スズキ・スペーシア T」
「スズキ・スペーシア T」

「スズキ・スペーシア」に燃費自慢のターボモデル

スズキは2015年8月18日、軽乗用車「スペーシア」「スペーシア カスタム」に、ターボエンジンに「S-エネチャージ」を組み合わせたモデルを新設定し、販売を開始した。

「スペーシア カスタム XSターボ」
「スペーシア カスタム XSターボ」

今回追加された新グレード「スペーシア T」「スペーシア カスタム GSターボ」「スペーシア カスタム XSターボ」は、ISG(モーター機能付き発電機)が最長30秒間のモーターアシストを行うのに加え、モーターアシストする速度域を「発進後~約100km/h」とすることで、燃費26.8km/リッター(FF車、JC08モード)を達成している。

また、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」や全方位モニター付きメモリーナビゲーションなどに加え、新たにクルーズコントロールシステムと7段マニュアルモード付きパドルシフトを採用し、装備を充実させた。

スペーシア Tでは、上部に白色のLEDイルミネーションを備えたメッキフロントグリルや、メッキバックドアガーニッシュLEDサイドターンランプ付きドアミラー、14インチアルミホイールなどを採用することで、精悍なエクステリアを演出した。

価格は以下の通り。

・スペーシア T(FF車):149万400円
・スペーシア T(4WD車):161万1360円
・スペーシア カスタム GSターボ(FF車):160万3800円
・スペーシア カスタム GSターボ(4WD車):172万4760円
・スペーシア カスタム XSターボ(FF車):171万7200円
・スペーシア カスタム XSターボ(4WD車):183万8160円

(webCG)

関連キーワード:
スペーシアスペーシア カスタムスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【東京モーターショー2017】スズキが新型「スペーシア」のコンセプトカーを発表 2017.9.22 自動車ニュース スズキが東京モーターショーに「スペーシア コンセプト」「スペーシア カスタム コンセプト」を出展すると発表した。スズキの新しい軽ハイトワゴンを示唆するコンセプトモデルで、ユニークなスタイリングと充実した安全装備を特徴としている。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を世界初公開 2017.9.22 自動車ニュース ボルボ・カーズは2017年9月21日(現地時間)、イタリア・ミラノにおいて「XC40」を世界初公開した。「XC60」よりもひと回り小さなボディーを持つコンパクトSUVであり、新開発の小型車用モジュラープラットフォーム「CMA」を採用している。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX G・EX Honda SENSINGプロトタイプ/N-BOXカスタムG・EXターボHonda SENSINGプロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
ホームへ戻る