ボルボV40/V40クロスカントリーの新顔、T3発売

2015.08.19 自動車ニュース
「ボルボV40 T3」
「ボルボV40 T3」

「ボルボV40 T3/V40クロスカントリー T3」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2015年8月19日、コンパクトハッチバック「V40」「V40クロスカントリー」のラインナップに、1.5リッター直4直噴ターボ「T3」エンジン搭載モデルを追加し、発売した。

「V40クロスカントリー T3」

2015年7月に「T3」モデルの日本導入が明らかにされた際には、同年9月1日の発売が予告されていたが、その予定は2週間ほど早められることになった。


    「V40クロスカントリー T3」
    2015年7月に「T3」モデルの日本導入が明らかにされた際には、同年9月1日の発売が予告されていたが、その予定は2週間ほど早められることになった。

今回発売されたV40とV40クロスカントリーの「T3」は、1.6リッター直4ターボを搭載した従来の「T4」に変わるモデル。ラインナップ中で最も排気量の小さな、1.5リッター直4ターボエンジンが採用されている。

最高出力は152ps/5000rpmで、最大トルクは25.5kgm/1700-4000rpm。新開発の6段ATが組み合わされており、JC08モードの燃費値は、V40で16.5km/リッター、V40クロスカントリーで16.0km/リッターと公表される。

ほかのボルボ車と同様に、追突を回避または被害を軽減するフルオートブレーキシステムや全車速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロールなど、10種類の先進安全装備が与えられる。

価格は、以下の通り。

・V40 T3(FF/6AT):324万円
・V40 T3 SE(FF/6AT):374万円
・V40クロスカントリー T3(FF/6AT):339万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)【試乗記】 2015.12.25 試乗記 台数限定ではもったいない? 「ボルボV40」のディーゼルモデルにスポーティーな意匠とサスペンションチューニングが特徴の「R-DESIGN」が200台限定で登場。純正ROMチューンの「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施された車両に試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る