ボルボV40/V40クロスカントリーの新顔、T3発売

2015.08.19 自動車ニュース
「ボルボV40 T3」
「ボルボV40 T3」

「ボルボV40 T3/V40クロスカントリー T3」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2015年8月19日、コンパクトハッチバック「V40」「V40クロスカントリー」のラインナップに、1.5リッター直4直噴ターボ「T3」エンジン搭載モデルを追加し、発売した。

「V40クロスカントリー T3」

2015年7月に「T3」モデルの日本導入が明らかにされた際には、同年9月1日の発売が予告されていたが、その予定は2週間ほど早められることになった。


    「V40クロスカントリー T3」
    2015年7月に「T3」モデルの日本導入が明らかにされた際には、同年9月1日の発売が予告されていたが、その予定は2週間ほど早められることになった。

今回発売されたV40とV40クロスカントリーの「T3」は、1.6リッター直4ターボを搭載した従来の「T4」に変わるモデル。ラインナップ中で最も排気量の小さな、1.5リッター直4ターボエンジンが採用されている。

最高出力は152ps/5000rpmで、最大トルクは25.5kgm/1700-4000rpm。新開発の6段ATが組み合わされており、JC08モードの燃費値は、V40で16.5km/リッター、V40クロスカントリーで16.0km/リッターと公表される。

ほかのボルボ車と同様に、追突を回避または被害を軽減するフルオートブレーキシステムや全車速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロールなど、10種類の先進安全装備が与えられる。

価格は、以下の通り。

・V40 T3(FF/6AT):324万円
・V40 T3 SE(FF/6AT):374万円
・V40クロスカントリー T3(FF/6AT):339万円

(webCG)

関連記事 ホームへ戻る