アウディA6 2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)

気づかせない 感じさせない 2015.08.22 試乗記 アウディが「A6」シリーズにマイナーチェンジを実施。252psの2リッター直噴ターボとフルタイム4WDを組み合わせた新グレード「2.0 TFSIクワトロ」に試乗し、その実力を試した。

いい意味で「印象が薄い」

その前身である「アウディ100」シリーズを含めると47年の歴史を持つ、同ブランドの最長寿モデル――そう紹介をされるA6シリーズに大幅なリファインが施された。

見た目の上では、ライト類のグラフィックや前後バンパーの造形変更、新ボディーカラーの設定やインテリア・デコラティブパネルのラインナップ刷新などが主なニュース。が、実際により大きな注目点となるのは、エンジンバリエーションの変更にあるはずだ。

今回テストドライブしたのは、4WD仕様の新たなベースグレードとして設定された「2.0 TFSIクワトロ」。そこに搭載されるのは、「直噴に、低負荷時の燃料霧化で有利なポート噴射も加えたデュアルインジェクションシステムや、シリンダーヘッドと一体化した排気マニフォールドを採用。さらに、可変バルブタイミング&リフト・システムや電動ウエイストゲート付きターボの採用などで、従来型2.8リッターV6エンジン比で48ps/9.1kgm増しのパワーとトルクを獲得」と紹介される、最新の直列4気筒エンジンだ。

前述のごとく、見た目上のこまごまとしたフェイスリフトのメニューが報告されてはいるものの、そんな変化の具合は恐らく従来型のユーザーでもなければすぐには認識できないはず。そして、それほど格別な新しさは実感できない、という印象は、実際にテストドライブをしてみても同様だった。

別掲の新型「TT」試乗イベントと対のプログラムとして、北海道で開催されたのがこのモデルの試乗会。ただし、こちらはサーキットではなく、その周辺の長い直線や緩いコーナーがメインの一般道が舞台。それゆえ、強いGを試せるような条件には恵まれなかったことも、そうした「印象の薄さ」につながっていたであろうことは否めない。

もっとも、そんな感覚はA6のようなキャラクターの持ち主にとっては、必ずしもネガティブな評価とは当たらないのは当然。デュアルインジェクションが新採用されたとはいえ、エンジンフィール面でその“切り替え”が分かるようなことは一切なく、そんな「特別なメカニズム」を用いていることなどはみじんも意識させられないのだ。

大入力を拾うと、時にフロア振動が目立ちがちで、18インチのシューズが発するパターンノイズが意外に明確、といった少々気になるポイントもあったものの、こうした穏やかな走りのテイストは、上質なセダンが欲しいという人の期待にしっかり応えてくれるはず。
短時間の試乗ゆえチェックはかなわなかったが、これで額面通り「旧『2.8 FSIクワトロ』から15%以上の燃費向上」が果たされていれば文句なし! と、そんな感想を抱かせてくれるリファインが施されたA6だった。

(文=河村康彦/写真=アウディ ジャパン)

【スペック】
全長×全幅×全高=4945×1875×1465mm/ホイールベース=2910mm/車重=1780kg/駆動方式=4WD/エンジン=2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(252ps/5000-6000rpm、37.7kgm/1600-4500rpm)/トランスミッション=7AT/燃費=13.6km/リッター(JC08モード)/価格=680万円
 

今回のマイナーチェンジではフロントグリルやヘッドランプ、テールランプなどの意匠を変更。新たにオートハイビーム機能付きの「マトリクスLEDヘッドライト」を採用した。
装備の強化も図られており、オペレーターサービスやGoogleとの連係機能、Wi-Fiスポット機能などを備えたインフォテインメントシステム「Audi connect」が全車に標準装備された。
「2.0 TFSIクワトロ」に装備されるパーシャルレザーシート。「ブラック」「アトラスベージュ」「フリントグレー」の3色が用意される。
「2.0 TFSIクワトロ」のエンジン。従来の「2.8 FSIクワトロ」を大きく上回る、252psの最高出力と37.7kgmの最大トルクを発生する。
JC08モード計測による「2.0 TFSIクワトロ」の燃費は13.6km/リッター。11.8km/リッターだった「2.8 FSIクワトロ」から約15%改善している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アウディS4/S4アバント 2016.10.25 画像・写真 アウディ ジャパンは2016年10月25日、フルモデルチェンジした「アウディS4/S4アバント」を発表した。従来モデルから100kg以上も軽量化された一方で、3リッターV6直噴ガソリンターボエンジンの出力は21ps強化されている。その姿を画像で紹介する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る