レクサス、フラッグシップSUVのLXを発売

2015.08.20 自動車ニュース
「レクサスLX570」
「レクサスLX570」

レクサス、フラッグシップSUVの「LX」を発売

トヨタ自動車は2015年8月20日、レクサスブランドから大型SUV「LX570」を同年9月14日に発売すると発表した。

■日本初、レクサスの3列8人乗りSUV

LXはレクサスがラインナップするSUVの最上級モデルであり、1996年に同ブランド初のSUVとして北米でデビューした。これまでは北米、中近東、ロシアを中心とした海外市場のみで販売されていたが、今回、3代目のモデルが日本に導入されることとなった。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=5065×1980×1910mm、ホイールベースは2850mm。スタイリングは「NX」や「RX」とは趣の異なる2ボックスタイプで、フロントにはリムの下部をプロテクター形状とした、巨大なスピンドルグリルを備えている。

また、列状に配置されたLEDが流れるように点灯する「LEDシーケンシャルターンシグナルランプ」をレクサス車として初めて採用。オプションで切削光輝加工とグレーメタリックを組み合わせた21インチアルミホイールが用意されている。

インテリアのデザインはSUVとしての機能性に配慮したもので、車両の姿勢を把握しやすいよう水平基調のインストゥルメントパネルを採用。金属、革、本木目といった素材のコントラストを際立たせることで、上質感を演出している。

シートレイアウトは3列8人乗り。シート表皮はセミアニリン本革で、ブラックやアイボリーなど5色が用意されている。

■大排気量エンジンと電子制御で高いオフロード性能を確保

エンジンは可変バルブ機構「Dual VVT-i」を搭載した5.7リッターV8 DOHCで、377ps/5600rpmの最高出力と54.5kgm/3200rpmの最大トルクを発生。2000rpmで最大トルクの約90%を発生させる、ワイドなトルクバンドが特徴とされている。組み合わされるトランスミッションは8段ATで、駆動システムにはフルタイム4WDを採用。燃費はJC08モード計測で6.5km/リッターとなっている。

走行性能に関する装備は充実しており、車速に応じてギア比を変える「ギア比可変ステアリング」(VGRS)や、走行モードの切り替え機構「ドライブモードセレクト」を搭載。後者には「SPORTS」や「COMFORT」などのモードに加え、パワートレインやシャシー、空調の各制御の組み合わせを自由に選択できる「CUSTOMIZE」モードを設定している。また、サスペンションにはドライブモードセレクトの設定や走行状態に応じて、車高やダンパーの減衰力を変化させる「4-Wheel AHC & AVS」を採用しており、エンジン停止時に自動で車高を下げ、乗降をアシストする「乗降モード」スイッチも備えている。

さらにオフロード走行をサポートする機能として、アクセルやブレーキの操作なしに一定速での極低速走行を可能とする「クロールコントロール」や、路面状況に応じてトラクションやブレーキの制御を切り替えられる「マルチテレインセレクト」を用意。クロールコントロールの作動時に、内側後輪に油圧ブレーキをかけて回頭性を高め、タイトコーナーでの切り替えし操作を減らしてドライバーの負担を軽減する「ターンアシスト機能」も採用している。

■レクサス最新の安全装備&快適装備を採用

先進の快適装備も同車の特徴となっている。空調は最新の「レクサス クライメイト コンシェルジュ」で、4席独立温度調整オートエアコンや、ヒーターおよびベンチレーション付きシート(1、2列目席)、ステアリングヒーターなどを標準装備。ワンタッチでこれらを作動させられる「クライメイトコンシェルジュスイッチ」には、1、2列目の乗員の有無を検知し、自動で各装置をオン/オフする機能も備わっている。

また、12.3インチワイドディスプレイを搭載した新型ナビゲーションシステムを標準で装備。一方、フロントシートバックには11.6インチディスプレイを備えたリアエンターテインメントシステムをオプションで用意する。ナビゲーションシステムについては、道路交通情報通信システムの新サービス「VICS WIDE」に対応している。

安全装備としては、自動緊急ブレーキなどからなる運転支援システム「Lexus Safety System+」や、後退時に左右後方から接近してくる車両を検知するリアクロストラフィックアラート、ブラインドスポットモニター、悪路でのタイヤロックを防ぐ「マルチテレインABS(電子制動力配分制御付き)&ブレーキアシスト」などを採用。車両の周囲の路面状態を表示する「マルチテレインモニター」には、オフロード走行時の車両下の状態やタイヤ位置の確認が可能な「アンダーフロアビュー」機能も設定している。

価格は1100万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLX570(4WD/8AT)【レビュー】 2015.11.27 試乗記 レクサスのフラッグシップSUV「LX」が国内でも発売された。本格オフローダーゆずりのシャシーや、大排気量エンジンがもたらす走りは? そして乗り心地は? 高速道路から河川敷のオフロードまで、さまざまな道で試乗した。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
ホームへ戻る