メルセデスがSLKに2リッターターボを搭載

2015.08.20 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツSLK200 MT」
「メルセデス・ベンツSLK200 MT」

メルセデスが「SLK」に2リッターターボを搭載

メルセデス・ベンツ日本は2015年8月20日、2シーターオープンモデルの「SLK」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「SLK200トレンド+」
「SLK200トレンド+」
「SLK200エクスクルーシブ」
「SLK200エクスクルーシブ」

今回の改良では、従来の1.8リッター直4ターボエンジンに代えて、新たに最高出力184ps、最大トルク30.6kgmを発生する2リッター直4ターボエンジンを搭載。また「SLK200トレンド+」「SLK200エクスクルーシブ」のトランスミッションを、7段ATから9段ATに変更した。

装備の強化も図っており、SLK200トレンド+では、これまで62万9000円のオプションだった「AMGスポーツパッケージ」を標準で採用。夏のシート表面温度の上昇を抑える「サンリフレクティングレザー」や、ヘッドレスト下部から温風が吹き出す「エアスカーフ」も標準装備としている。またSLK200エクスクルーシブでは、これまで10万5000円のオプションだった「ダイナミックハンドリングパッケージ」と、同じく26万2000円のオプションだった「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」を標準装備とした。

同時にラインナップが整理され、「SLK350」および「メルセデスAMG SLK55」は廃止された。

価格は以下の通り。
・SLK200 MT:509万円
・SLK200トレンド+:551万円
・SLK200エクスクルーシブ:653万円

(webCG)
 

関連キーワード:
SLKクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(4WD/6AT)/CX-8 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.18 試乗記 マツダから3列シートの新型SUV「CX-8」が登場。既存のミニバンに代わる多人数乗車モデルであるとともに、「アテンザ」と並ぶ同社のフラッグシップという役割も課せられたニューモデルの実力をリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
ホームへ戻る