「水野和敏的視点」 vol.114 メルセデスAMG C63 S(前編)

2015.08.21 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.114 メルセデスAMG C63 S(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏。そんな氏が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回は「メルセデス・ベンツCクラス」シリーズの頂点に君臨する「メルセデスAMG C63 S」に試乗する。


「水野和敏的視点」 vol.114 メルセデスAMG C63 S(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.114 メルセデスAMG C63 S(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.114 メルセデスAMG C63 S(前編)の画像
メルセデスAMG C63 S
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4755×1840×1430mm/ホイールベース:2840mm/車重:1520kg/駆動方式:FR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:510ps/5500-6250rpm/最大トルク:71.4kgm/1750-4500rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 (後)265/35ZR19/車両本体価格:1325万円
メルセデスAMG C63 S
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4755×1840×1430mm/ホイールベース:2840mm/車重:1520kg/駆動方式:FR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:510ps/5500-6250rpm/最大トルク:71.4kgm/1750-4500rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 (後)265/35ZR19/車両本体価格:1325万円

■設計者のプライドとノウハウが宿る

「メルセデスAMG GT」(以下、GT)に搭載されている、あのトルクフルな4リッターV8ツインターボエンジンをCクラスのエンジンルームに押し込んだら、どんなスーパーセダンが誕生するか? それを実際に試みたのがメルセデスAMG C63(以下、C63)です。前回に続き、今回も最新のAMGをじっくりテストしていきます。

GTと同様に、C63にも標準型と、ハイパワー仕様の「S」が用意されています。今回テストするのは後者。最高出力は510psとGTと同じですが、最大トルクは71.4kgmと、GTの66.3kgmを上回っています。早速、このC63のアイデンティティーともいえる大排気量V8エンジンが、どのように搭載されているのか見てみましょう。

ボンネットを開けると、エンジンルームの中は一見したところ、びっちり詰まっています。しかし、これは実によく考えられています。

「V8+ツインターボのエンジンを、サイドメンバーの幅の中にどのようにして入れるのか?」とか、「ラジエーターなどの冷却系をどのようにして成立させるのか?」とか、「フロントエンドの重量増加を、どのようにして強度や剛性、または操縦安定性や乗り心地とバランスをさせるのか?」といったことが、最初のベース車の計画時点から考慮されていることがわかります。

ただし、ターボの配置と吸気系配管の取り回しなど、実際に成立させるための手段は、設計者自身のアイデアで対応しています。エンジニアもプライドを持ったいい仕事をしています。単なる設計基準や規格だけで対応し、部品を寄せ集めただけで造っている設計とは全く違います。C63のエンジンルームには、本当の意味での、設計者自身のプライドとノウハウが感じられるのです。(づつく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.8 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトセダン「Cクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」が登場。EVモードの使い勝手やパワートレインの感触を含めた、走りの印象を報告する。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る