BMW M135i(FR/8AT)

専門店は間違いない 2015.08.27 試乗記 3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 1シリーズ」の高性能モデル「M135i」に試乗。BMW M社の血統を受け継ぐ1シリーズのフラッグシップは、マイナーチェンジを受けてどこまで洗練されたのだろうか?

帰りたくない

夕立に追われて尾根筋の雲を走り抜けたら、夏の夕陽に照らされた相模灘が蒼(あお)かった。蝉時雨が風に乗って熱気を吹き飛ばしている。帰りたくないなあ。いや、返したくないな、と思わずうろ覚えの演歌を口ずさむ。このまま山のあなたの空遠くまで走り続けたいと思うのは、夏休み時期特有の空の高さに誘われたからだけではない。こんなにジンワリと心動いたのは久しぶり、たしか前回は、あ、「M235i」だった。実はこの手に弱いのである。

もはや「BMW 5シリーズ」や「メルセデス・ベンツEクラス」のようなEセグメントでも2リッター以下の4気筒ダウンサイジングユニットが当たり前になっている現在、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」とほぼ同じコンパクトなハッチバックボディーに3リッターの6気筒の、しかも直噴ターボエンジンが載っているなんて、それだけで贅沢(ぜいたく)この上ない。ノーマル系「1シリーズ」のエンジンは1.6リッターの直4ターボだから、このM135iのみ明らかに特別だ。それを示すのが「Mパフォーマンス・オートモービルズ」を表す「M」の文字である。これは3年ほど前に導入されたいわばサブブランドで、スタンダードモデルに設定されている「Mスポーツ」と真正「M」の間の高性能シリーズという位置づけだ。6気筒を積んだ1シリーズは当初からあったが、アウディの「S」やメルセデスの「AMGスポーツ」に対抗して隙間なくラインナップを埋める姿勢を明確にしたわけだ。

従来型の1シリーズ、すなわち2011年に登場した2代目は愛嬌(あいきょう)のある“ブサカワ”顔が特徴的だったが、今回のマイナーチェンジで他のBMW同様の精悍(せいかん)でアグレッシブな表情に改められ、リアコンビネーションランプなども最新デザインに統一された。それでも今やちっとも自己主張が強いとは感じられない。むしろ控えめである。ボディー各所のディテールにはキリリとした鋭さがあるが、一見した限りではごく普通の5ドアハッチバック。普通よりほんのわずかに低い車高(標準型より-10mm)やエアロダイナミックなバンパーまわりは、見る人が見なければ分からないレベルだ。コンパクトカーからミニバンまで、とにかくギラギラ目立とうと意気込む化粧の濃い車が溢(あふ)れている世の中では、それほど、というかまるで目立たない。「トヨタ・シエンタ」のほうがよほどやる気満々だろう。

2015年5月にマイナーチェンジを受け、フロントとリアの外装デザインが改められた「BMW 1シリーズ」。「M135i」では3リッター直6ターボエンジンの最高出力が326ps(従来比+6ps)へ。
2015年5月にマイナーチェンジを受け、フロントとリアの外装デザインが改められた「BMW 1シリーズ」。「M135i」では3リッター直6ターボエンジンの最高出力が326ps(従来比+6ps)へ。
新型ではダッシュボードのセンターパネルがハイグロスブラック(従来はマットブラック)仕上げに変更された。
新型ではダッシュボードのセンターパネルがハイグロスブラック(従来はマットブラック)仕上げに変更された。
ヘッドライトは他のBMW車と足並みをそろえたシャープな形状に。ハイ/ロービームだけでなく、ウインカー、スモールライトリングもLEDとなる。
ヘッドライトは他のBMW車と足並みをそろえたシャープな形状に。ハイ/ロービームだけでなく、ウインカー、スモールライトリングもLEDとなる。
フロントだけでなくリアのデザインも変更された。リアコンビネーションランプがL字型に。
フロントだけでなくリアのデザインも変更された。リアコンビネーションランプがL字型に。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る