クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW M135i(FR/8AT)

専門店は間違いない 2015.08.27 試乗記 3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 1シリーズ」の高性能モデル「M135i」に試乗。BMW M社の血統を受け継ぐ1シリーズのフラッグシップは、マイナーチェンジを受けてどこまで洗練されたのだろうか?

帰りたくない

夕立に追われて尾根筋の雲を走り抜けたら、夏の夕陽に照らされた相模灘が蒼(あお)かった。蝉時雨が風に乗って熱気を吹き飛ばしている。帰りたくないなあ。いや、返したくないな、と思わずうろ覚えの演歌を口ずさむ。このまま山のあなたの空遠くまで走り続けたいと思うのは、夏休み時期特有の空の高さに誘われたからだけではない。こんなにジンワリと心動いたのは久しぶり、たしか前回は、あ、「M235i」だった。実はこの手に弱いのである。

もはや「BMW 5シリーズ」や「メルセデス・ベンツEクラス」のようなEセグメントでも2リッター以下の4気筒ダウンサイジングユニットが当たり前になっている現在、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」とほぼ同じコンパクトなハッチバックボディーに3リッターの6気筒の、しかも直噴ターボエンジンが載っているなんて、それだけで贅沢(ぜいたく)この上ない。ノーマル系「1シリーズ」のエンジンは1.6リッターの直4ターボだから、このM135iのみ明らかに特別だ。それを示すのが「Mパフォーマンス・オートモービルズ」を表す「M」の文字である。これは3年ほど前に導入されたいわばサブブランドで、スタンダードモデルに設定されている「Mスポーツ」と真正「M」の間の高性能シリーズという位置づけだ。6気筒を積んだ1シリーズは当初からあったが、アウディの「S」やメルセデスの「AMGスポーツ」に対抗して隙間なくラインナップを埋める姿勢を明確にしたわけだ。

従来型の1シリーズ、すなわち2011年に登場した2代目は愛嬌(あいきょう)のある“ブサカワ”顔が特徴的だったが、今回のマイナーチェンジで他のBMW同様の精悍(せいかん)でアグレッシブな表情に改められ、リアコンビネーションランプなども最新デザインに統一された。それでも今やちっとも自己主張が強いとは感じられない。むしろ控えめである。ボディー各所のディテールにはキリリとした鋭さがあるが、一見した限りではごく普通の5ドアハッチバック。普通よりほんのわずかに低い車高(標準型より-10mm)やエアロダイナミックなバンパーまわりは、見る人が見なければ分からないレベルだ。コンパクトカーからミニバンまで、とにかくギラギラ目立とうと意気込む化粧の濃い車が溢(あふ)れている世の中では、それほど、というかまるで目立たない。「トヨタ・シエンタ」のほうがよほどやる気満々だろう。

2015年5月にマイナーチェンジを受け、フロントとリアの外装デザインが改められた「BMW 1シリーズ」。「M135i」では3リッター直6ターボエンジンの最高出力が326ps(従来比+6ps)へ。
2015年5月にマイナーチェンジを受け、フロントとリアの外装デザインが改められた「BMW 1シリーズ」。「M135i」では3リッター直6ターボエンジンの最高出力が326ps(従来比+6ps)へ。
    拡大
新型ではダッシュボードのセンターパネルがハイグロスブラック(従来はマットブラック)仕上げに変更された。
新型ではダッシュボードのセンターパネルがハイグロスブラック(従来はマットブラック)仕上げに変更された。
    拡大
ヘッドライトは他のBMW車と足並みをそろえたシャープな形状に。ハイ/ロービームだけでなく、ウインカー、スモールライトリングもLEDとなる。
ヘッドライトは他のBMW車と足並みをそろえたシャープな形状に。ハイ/ロービームだけでなく、ウインカー、スモールライトリングもLEDとなる。
    拡大
フロントだけでなくリアのデザインも変更された。リアコンビネーションランプがL字型に。
フロントだけでなくリアのデザインも変更された。リアコンビネーションランプがL字型に。
    拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

6気筒は特別だ

マイナーチェンジを受けた新型1シリーズは、エントリーモデルの「118i」の価格が300万円を切ったこと(298万円)もトピックである。ただし、このM135iは車両本体価格で566万円。“M”の文字付きのトップモデルだから高くて当たり前ではあるのだが、ダコタレザーのシート(レザーパッケージ=22万6000円)などたっぷりオプションが盛られたこの車はもはや600万円を超えた計639万3000円である。おいそれと連れて帰るわけにはいかない。

しかしながら、BMW M社がチューニングしたという3リッター直6ターボの素晴らしく滑らかな回転フィーリングを感じ、シュワーンという鮮烈な伸びとともリニアに湧き出すパワーに触れると、決して高くはないなと考え直さざるをえない。今や日本ではこのM135iが最も廉価で手に入る6気筒なのである。従来型に比べてわずかながら(6ps)パワーアップしたN55B型6気筒ターボは326ps(240kW)/5800rpmと45.9kgm(450Nm)/1300-4500rpmを発生、トルクカーブの頂部が平たんに削られた最新トレンドのターボエンジンながら、どこを使っても代わり映えがしないという平板なユニットではなく、使用するエンジン回転域の中にまだ鮮やかな抑揚があり、スロットルによってエンジンのうまみを引き出す実感がある。無論3000rpmぐらいまで回して、トントンと8段ATが自動シフトアップしていくに任せても十分に速いけれど、必要なら7000rpmを超えて吹け上がるスイートな6気筒の滑らかさをしみじみと楽しむこともできる。ちなみに0-100km/h加速は4.9秒という駿足(しゅんそく)。これはスタンダードの「ポルシェ911カレラ」を凌(しの)ぐほどの数値である。

3リッター直6ターボエンジンは従来より6ps強力な326psへ。JC08モード燃費は12.6km/リッターから12.5km/リッターへ変更された。トルクは変わらぬ45.9kgm。
3リッター直6ターボエンジンは従来より6ps強力な326psへ。JC08モード燃費は12.6km/リッターから12.5km/リッターへ変更された。トルクは変わらぬ45.9kgm。
    拡大
クロスとアルカンターラのコンビネーションシートが標準だが、試乗車には目にも鮮やかな「コーラル・レッド」のダコタ・レザーシート(オプション)が装着されていた。
クロスとアルカンターラのコンビネーションシートが標準だが、試乗車には目にも鮮やかな「コーラル・レッド」のダコタ・レザーシート(オプション)が装着されていた。
    拡大
ダコタ・レザーシートは写真の「コーラル・レッド」のほか、「ブラック」とベージュ系の「オイスター」の計3色が用意される。
ダコタ・レザーシートは写真の「コーラル・レッド」のほか、「ブラック」とベージュ系の「オイスター」の計3色が用意される。
    拡大

昔かたぎ(?)の足まわり

標準型1シリーズに対して車高が10mm低められ、電子制御可変ダンパーを持つM135iのMアダプティブサスペンションは、最近ではちょっと古風にさえ感じるぐらい引き締まった足まわりである。近頃はドイツ車であってもとにかく人当たり良く、たとえばメルセデスが最近力を注いでいる「CLAクラス」などの最新小型車に乗ると、そのソフトなおもてなし感にはちょっと面食らうほどだが、このM135iはいわゆる車好きが昔から口にするドイツ車らしさ、すなわち高速域優先で硬くスポーティーな足まわりである。とはいえ抜かりなく洗練されており、粗野な突き上げや不必要な上下動などは一切ない。不整をダンッと越えて乱れなく、その巌のようなスタビリティーが頼もしい。乗り心地がしなやかで敏しょうなレスポンスが特徴的な他の最新ドイツ製コンパクトが「いらっしゃいませっ、よろこんでっ!」と迎えてくれる明るいお店だとしたら、こちらは口数少なく、言葉も短く、必要以上に愛嬌(あいきょう)を振りまくこともしないけれど、いったん客になったらきわめて居心地の良い“居酒屋兆次”のような雰囲気だろうか。ステアリングレスポンスも特に鋭すぎず、手に伝わる接地感も十分、スピードが増しても安定して狙ったラインに乗せることができる。

過不足ないステアリングインフォメーションはタイヤが標準型1シリーズとは違ってランフラットタイヤではないことも理由だろう。M135iのタイヤはミシュラン・パイロットスーパースポーツで、しかも前後で異なるサイズ(前:225/40R18、後ろ:245/35R18)、これも分かる人には分かるといった類いのスペックだ。

「M135i」にはBMW M社がセットアップした「アダプティブMサスペンション」(電子制御式ダンパー付き)や、ステアリングのギア比を可変制御する「バリアブル・スポーツ・ステアリング」などが装着されている。
「M135i」にはBMW M社がセットアップした「アダプティブMサスペンション」(電子制御式ダンパー付き)や、ステアリングのギア比を可変制御する「バリアブル・スポーツ・ステアリング」などが装着されている。
    拡大
トランスミッションは8段AT。各段のギア比や最終減速比は他の「1シリーズ」と同じ。
トランスミッションは8段AT。各段のギア比や最終減速比は他の「1シリーズ」と同じ。
    拡大
標準のリアシートは60:40の分割可倒式となるが、試乗車のように40:20:40可倒式(スルーローディング・システム)をオプション選択することもできる。
標準のリアシートは60:40の分割可倒式となるが、試乗車のように40:20:40可倒式(スルーローディング・システム)をオプション選択することもできる。
    拡大

今が最後のチャンスかも

コンパクトボディーに強力なエンジンを積んでいるとはいえ、一時流行(はや)ったホットハッチのようなむき出しのスポーティーさをアピールしているのではなく、かといって超高速になって初めて本領を発揮するマニア向けの硬派GTでもない。M135iは後輪駆動ならでは、BMWならではのクラシックな安心感と洗練度を併せ持っており、毎日の実用性にも長距離クルーザーとしての能力にも不足はない。メルセデスやアウディのライバルと比べても一番大人向けのような気がする。もちろん、いい大人だって時には流行りのドーナツやパンケーキの人気店に並ぶことがあるかもしれないが、単に人気を求めているだけの店はたちまち底が割れるものだ。大人が通いつめる理由は、筋が通っている店のこだわりである。

コンパクトSUVの「X1」の新型がFWD(前輪駆動)化されたことから分かるように、BMWがこの先いつまでも後輪駆動のコンパクトモデルを作り続けるとは限らない。そうではないことを願うけれど、ドイツ正統派の6気筒、後輪駆動の魅力をこのボディーサイズで堪能できるのは今のうちなのかもしれない。と、自分で書いているうちにだんだん焦ってきますね。

(文=高平高輝/写真=小河原認)

高速道路を行く「M135i」。0-100km/h加速は4.9秒(欧州仕様車の参考値)。
高速道路を行く「M135i」。0-100km/h加速は4.9秒(欧州仕様車の参考値)。
    拡大
2眼式メーターの、左が速度計(表示は260km/hまで)で、右がエンジン回転計(レッドゾーンは7000rpmから)。
2眼式メーターの、左が速度計(表示は260km/hまで)で、右がエンジン回転計(レッドゾーンは7000rpmから)。
    拡大
デュアルタイプのエキゾーストパイプが後ろ姿をスポーティーに引き締める。
デュアルタイプのエキゾーストパイプが後ろ姿をスポーティーに引き締める。
    拡大

テスト車のデータ

BMW M135i

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4340×1765×1430mm
ホイールベース:2690mm
車重:1560kg
駆動方式:FR
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:326ps(240kW)/5800rpm
最大トルク:45.9kgm(450Nm)/1350-4500rpm
タイヤ:(前)225/40ZR18 88Y/(後)245/35ZR18 92Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)
燃費:12.5km/リッター(JC08モード)
価格:566万円/テスト車=639万3000円
オプション装備:電動ガラス・サンルーフ(14万4000円)/スルーローディング・システム(3万8000円)/ヘッドライト・ウォッシャー(3万8000円)/アダプティブLEDヘッドライト(7万9000円)/レザー・パッケージ(22万6000円)/アドバンスド・パーキング・サポート・パッケージ(14万7000円)/BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム(6万1000円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:3478km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:318.0km
使用燃料:40.6リッター
参考燃費:7.8km/リッター(満タン法)/8.0km/リッター(車載燃費計計測値)

BMW M135i
BMW M135i
    拡大

BMW M135i(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
1シリーズBMW試乗記

あなたにおすすめの記事