伝統工芸とコラボしたミツオカ・ビュート登場

2015.08.21 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート トヤマ」
「ミツオカ・ビュート トヤマ」

伝統工芸とコラボした「ミツオカ・ビュート トヤマ」登場

光岡自動車は2015年8月21日、同年8月22日、23日に富山県内で開催される「第41回井波彫刻まつり」に、コンセプトモデル「ミツオカ・ビュート トヤマ」を出展すると発表した。


伝統工芸とコラボしたミツオカ・ビュート登場の画像
助手席の前に配される、井波彫刻の木製パネル。富山湾越しに見る立山連峰の景色が表現されている。制作期間は約2カ月。素材には、耐久性に優れる桜の木が使われている。
助手席の前に配される、井波彫刻の木製パネル。富山湾越しに見る立山連峰の景色が表現されている。制作期間は約2カ月。素材には、耐久性に優れる桜の木が使われている。
運転席のそばには、木製の一輪挿しも。
運転席のそばには、木製の一輪挿しも。
越中和紙を使用したパーセルボード。
越中和紙を使用したパーセルボード。

ビュート トヤマは、富山の伝統工芸品を用いてインテリアを仕立てた、「ビュート」をベースとするコンセプトモデル。
具体的には、立山連峰の雄大な景色を表現した井波彫刻の木製インストゥルメントパネルと、富山の伝統工芸品である越中和紙を使用した木製の花やパーセルボードが室内に装着されている。

光岡はこのクルマで、ミツオカ車の生まれ故郷である富山県の魅力を、全国に向けて発信したいとしている。

(webCG)

関連キーワード:
ビュートミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記
  • 日産セレナNISMO(FF/CVT)【レビュー】 2017.11.21 試乗記