第9回:最新のクリーンディーゼルを支える日本の技術

上質で高効率な走りをかなえるために 2015.08.25 特集 ボルボが誇る最新鋭のクリーンディーゼルエンジン搭載モデル。今回は、その走りに貢献する日本の技術に注目。先進の燃料噴射システムを開発したデンソーと、8段ATを提供するアイシン・エィ・ダブリュの開発者に話を聞いた。

より精密な燃料噴射制御を実現する新技術

ディーゼルエンジンの特徴は、燃費が良く、低回転域のトルクが大きいことだ。その利点は、ことにトラック/バスで生かされてきた。
そこに直噴ターボが加わることで、より回転が伸びやかになり、高出力も発揮されるようになった。ヨーロッパにおいて、2000年前後から上級乗用車市場でもディーゼルターボ車が人気となった背景には、直噴ターボの進化があった。

そして、その直噴ターボを支えた技術がコモンレールである。燃料の軽油を高圧でためておき、微粒化された燃料をシリンダー内へ噴射する。微粒化された燃料はよく燃え、ディーゼル車で懸念されていたPM(粒子状物質)が削減された。ススを吐き出すディーゼル車がなくなったのはこのためだ。併せて、1回の燃焼において燃料噴射を数回に分けることで、急激な温度上昇を抑え、NOx(窒素酸化物)の排出量も下げられた。
こうして、今日のディーゼル車は、国内ではポスト新長期規制に合致し、ガソリン車と同等のクリーンな排ガスを達成したのである。

コモンレールや多段噴射技術の実用化には、日本のデンソーの技術が大きく貢献している。そのデンソーが次に打ち出したのが「i-ART」(intelligent Accuracy Refinement Technology:自律噴射精度補償技術)だ。
これは、各気筒のインジェクターに、個別に圧力センサーを組み込む初めての技術である。これにより、1秒間で1000回にも及ぶといわれる燃料噴射の量と圧力とタイミングを最適に制御でき、世界最高水準のクリーンな排ガスと、静粛性、そして燃費の向上を実現することができる。このi-ARTが、ボルボ最新の「D4」ディーゼルターボエンジンに搭載されている。

ボルボのクリーンディーゼル車には、日本のデンソーが開発した「i-ART」と呼ばれる燃料噴射システムが用いられている。
デンソー本社の技術展示スペースにて、コモンレールシステムの機構を説明するデンソーの竹内克彦氏。この機構を世界で初めて量産化したのも、実はデンソーなのだ。
<プロフィール>
デンソー
ディーゼル噴射事業部長
竹内克彦(たけうち かつひこ)さん
1989年入社。ディーゼル噴射システムの関連部署において、入社より一貫してシステムの先行開発から量産開発に携わる。2008年に「i-ART」を含めた第4世代システムの開発責任者に就任。2015年に現職となり、ディーゼル技術、企画、製造、品質保証全般の指揮を執っている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。