シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)

プジョーとは違う“味”がある 2015.08.25 試乗記 新世代の1.2リッター直3直噴ターボエンジンとトルクコンバーター式6段ATを搭載した「シトロエンC4」が登場。その走りの実力と、同じエンジンを積む「プジョー308」との違いをリポートする。

ファン待望の新しいパワートレイン

プジョーではなく、あえてシトロエン……というファンの方々には、これは待望のテコ入れだろう。C4に308と同じ新世代パワートレインが載った。エンジンはもちろん1.2リッター3気筒ターボだが、変速機もこれまでの2ペダル6段MT(商品名はEGS=エレクトロニック・ギアボックス・システム)ではなく、308と同じくトルコンの6段ATが組み合わせられる。

と同時に、今回はグレード構成も見直された。C4は日本発売当初、1.6リッター自然吸気と4段ATを組み合わせた「セダクション」と、同ターボ+6EGSの「エクスクルーシブ」でスタート。その後セダクションがフェードアウトして、エクスクルーシブのみとなっていた。で、今回の新パワートレイン搭載にともなって、ベースモデルとしてセダクションが復活した。

ただ、今回は上級モデルとして「セダクション アップグレードパッケージ」が登場。その内容は、パノラミックガラスルーフ、スマートキー(エンジンスタートボタン付き)、17インチホイール、フロントソナーに加えて、最近話題のレーダー系安全機能のひとつであるブラインドスポットモニターが追加されて、セダクションの20万円高となる。

まあ、C4が事実上の2グレード構成に戻ったということだが、上級のエクスクルーシブの名が使われない理由はよく分からない。以前の定義からすると「両グレードでパワートレインが同じだから」という理由も考えられるが、「C3」や「グランドC4ピカソ」では同じパワートレインで、セダクションとエクスクルーシブがあるからだ。

「セダクション アップグレードパッケージ」のインテリア。スマートキーシステムが採用されており、ドライバーはキーを携帯していれば、イグニッションスイッチを押すだけでエンジンを始動できる。
「セダクション アップグレードパッケージ」のインテリア。スマートキーシステムが採用されており、ドライバーはキーを携帯していれば、イグニッションスイッチを押すだけでエンジンを始動できる。
新たに採用された1.2リッター直3直噴ターボエンジン。最高出力は130ps、最大トルクは23.5kgmと、両方とも従来モデルの1.6リッターターボ(156ps、24.5kgm)よりややダウンしている。
新たに採用された1.2リッター直3直噴ターボエンジン。最高出力は130ps、最大トルクは23.5kgmと、両方とも従来モデルの1.6リッターターボ(156ps、24.5kgm)よりややダウンしている。
今回の改良により、リアコンビネーションランプの意匠も変更された。
今回の改良により、リアコンビネーションランプの意匠も変更された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.29 試乗記 シトロエンがCセグメント車「C4」のパワートレインを一新し、1.2リッター直3ターボとトルコン式6段ATを採用した。上級モデル「セダクション アップグレードパッケージ」の試乗を通して感じた、簡単には言い表せないフランス車ならではの魅力を報告する。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
ホームへ戻る