シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)

プジョーとは違う“味”がある 2015.08.25 試乗記 新世代の1.2リッター直3直噴ターボエンジンとトルクコンバーター式6段ATを搭載した「シトロエンC4」が登場。その走りの実力と、同じエンジンを積む「プジョー308」との違いをリポートする。

ファン待望の新しいパワートレイン

プジョーではなく、あえてシトロエン……というファンの方々には、これは待望のテコ入れだろう。C4に308と同じ新世代パワートレインが載った。エンジンはもちろん1.2リッター3気筒ターボだが、変速機もこれまでの2ペダル6段MT(商品名はEGS=エレクトロニック・ギアボックス・システム)ではなく、308と同じくトルコンの6段ATが組み合わせられる。

と同時に、今回はグレード構成も見直された。C4は日本発売当初、1.6リッター自然吸気と4段ATを組み合わせた「セダクション」と、同ターボ+6EGSの「エクスクルーシブ」でスタート。その後セダクションがフェードアウトして、エクスクルーシブのみとなっていた。で、今回の新パワートレイン搭載にともなって、ベースモデルとしてセダクションが復活した。

ただ、今回は上級モデルとして「セダクション アップグレードパッケージ」が登場。その内容は、パノラミックガラスルーフ、スマートキー(エンジンスタートボタン付き)、17インチホイール、フロントソナーに加えて、最近話題のレーダー系安全機能のひとつであるブラインドスポットモニターが追加されて、セダクションの20万円高となる。

まあ、C4が事実上の2グレード構成に戻ったということだが、上級のエクスクルーシブの名が使われない理由はよく分からない。以前の定義からすると「両グレードでパワートレインが同じだから」という理由も考えられるが、「C3」や「グランドC4ピカソ」では同じパワートレインで、セダクションとエクスクルーシブがあるからだ。

「セダクション アップグレードパッケージ」のインテリア。スマートキーシステムが採用されており、ドライバーはキーを携帯していれば、イグニッションスイッチを押すだけでエンジンを始動できる。
「セダクション アップグレードパッケージ」のインテリア。スマートキーシステムが採用されており、ドライバーはキーを携帯していれば、イグニッションスイッチを押すだけでエンジンを始動できる。
新たに採用された1.2リッター直3直噴ターボエンジン。最高出力は130ps、最大トルクは23.5kgmと、両方とも従来モデルの1.6リッターターボ(156ps、24.5kgm)よりややダウンしている。
新たに採用された1.2リッター直3直噴ターボエンジン。最高出力は130ps、最大トルクは23.5kgmと、両方とも従来モデルの1.6リッターターボ(156ps、24.5kgm)よりややダウンしている。
今回の改良により、リアコンビネーションランプの意匠も変更された。
今回の改良により、リアコンビネーションランプの意匠も変更された。
関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.8.25 試乗記 シトロエンのCセグメントハッチバック車「C4」がマイナーチェンジ。フェイスリフトが施され、新たに1.2リッター直3直噴ターボエンジンとトルコン式6段ATが採用された。その走りの実力と、同じパワートレインを積む「プジョー308」との違いをリポートする。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.29 試乗記 シトロエンがCセグメント車「C4」のパワートレインを一新し、1.2リッター直3ターボとトルコン式6段ATを採用した。上級モデル「セダクション アップグレードパッケージ」の試乗を通して感じた、簡単には言い表せないフランス車ならではの魅力を報告する。
  • フィアット500スーパーポップ コッチネッラ 2017.5.24 画像・写真 FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る