BMW 118i、1.5リッター直3ターボを搭載し新発売

2015.08.24 自動車ニュース

1.5リッター直3ターボ搭載の「BMW 118i」発売

BMWジャパンは2015年8月24日、新たに1.5リッター直3ターボエンジンを搭載した「BMW 118i」の日本導入を発表した。同年9月5日に発売する。

新たに採用される1.5リッター直3直噴ターボエンジンの、透視イメージ。
新たに採用される1.5リッター直3直噴ターボエンジンの、透視イメージ。

BMW 118iは、コンパクトハッチバック「1シリーズ」のエントリーモデル。今回、従来の1.6リッター直4ターボエンジン(最高出力:136ps/4400-6450rpm、最大トルク:22.4kgm/1350-4300rpm)に代えて、より排気量の小さな1.5リッター直3直噴ターボ(136ps/4400rpm、22.4kgm/1250-4300rpm)が採用された。

アウトプットの値そのものに変わりはないが、最大トルクの発生回転数は、100rpmダウン。これにより、ストップ&ゴーが多い市街地などでの走行が、さらに楽になるという。
JC08モードの燃費値も、16.6km/リッターから18.1km/リッターへと約10%向上した。

そのほかに、以下の装備が与えられる。
(※印は、スタンダードモデル118iを除く全車に標準装備)

・ドライビングアシスト(レーンディパーチャーウォーニング、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)(※)
・BMW SOSコール/BMWテレサービス
・ドラインビングパフォーマンスコントロール(ECO PROモード付き)
・LEDヘッドライト(LEDハイビーム/LEDロービーム、LEDフロントターンインジケーター、LEDスモールライトリング)(※)
・自動防眩ドアミラー/ルームミラー
・オートライトシステム
・オートマチックエアコンディショナー
・可倒式リアシート(60:40で分割可能)
・8インチワイドコントロールディスプレイ
・HDDナビゲーションシステム(VICS3メディア対応)
・iDriveコントローラー(コントロールディスプレイ用、ダイレクトメニューコントロールボタン、タッチパッド付き)
・インテグレイテッドオーナーズハンドブック
・ハンズフリーテレフォンシステム
・USBオーディオインターフェイス
・ITSスポット対応DSRC車載器(ルームミラー内蔵、ETC機能付き)(※)

ラインナップと価格は、以下の通り。
・118i:298万円
・118i スポーツ:338万円
・118i スタイル:338万円
・118i Mスポーツ:358万円

(webCG)

関連キーワード:
1シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
ホームへ戻る