BMW 118i、1.5リッター直3ターボを搭載し新発売

2015.08.24 自動車ニュース

1.5リッター直3ターボ搭載の「BMW 118i」発売

BMWジャパンは2015年8月24日、新たに1.5リッター直3ターボエンジンを搭載した「BMW 118i」の日本導入を発表した。同年9月5日に発売する。

新たに採用される1.5リッター直3直噴ターボエンジンの、透視イメージ。
新たに採用される1.5リッター直3直噴ターボエンジンの、透視イメージ。

BMW 118iは、コンパクトハッチバック「1シリーズ」のエントリーモデル。今回、従来の1.6リッター直4ターボエンジン(最高出力:136ps/4400-6450rpm、最大トルク:22.4kgm/1350-4300rpm)に代えて、より排気量の小さな1.5リッター直3直噴ターボ(136ps/4400rpm、22.4kgm/1250-4300rpm)が採用された。

アウトプットの値そのものに変わりはないが、最大トルクの発生回転数は、100rpmダウン。これにより、ストップ&ゴーが多い市街地などでの走行が、さらに楽になるという。
JC08モードの燃費値も、16.6km/リッターから18.1km/リッターへと約10%向上した。

そのほかに、以下の装備が与えられる。
(※印は、スタンダードモデル118iを除く全車に標準装備)

・ドライビングアシスト(レーンディパーチャーウォーニング、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)(※)
・BMW SOSコール/BMWテレサービス
・ドラインビングパフォーマンスコントロール(ECO PROモード付き)
・LEDヘッドライト(LEDハイビーム/LEDロービーム、LEDフロントターンインジケーター、LEDスモールライトリング)(※)
・自動防眩ドアミラー/ルームミラー
・オートライトシステム
・オートマチックエアコンディショナー
・可倒式リアシート(60:40で分割可能)
・8インチワイドコントロールディスプレイ
・HDDナビゲーションシステム(VICS3メディア対応)
・iDriveコントローラー(コントロールディスプレイ用、ダイレクトメニューコントロールボタン、タッチパッド付き)
・インテグレイテッドオーナーズハンドブック
・ハンズフリーテレフォンシステム
・USBオーディオインターフェイス
・ITSスポット対応DSRC車載器(ルームミラー内蔵、ETC機能付き)(※)

ラインナップと価格は、以下の通り。
・118i:298万円
・118i スポーツ:338万円
・118i スタイル:338万円
・118i Mスポーツ:358万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る