シトロエン、C4に1.2リッターターボを搭載

2015.08.25 自動車ニュース
「シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ」
「シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ」

シトロエンが「C4」に1.2リッターターボを搭載

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年8月25日、Cセグメントの5ドアハッチバック「シトロエンC4」に大幅な改良を実施し、同年9月11日に発売すると発表した。

今回の改良では、エンジンとトランスミッションを変更。従来の1.6リッターターボとシングルクラッチ式6段ATの組み合わせに代えて、新たに1.2リッター直3直噴ターボとトルクコンバーター式6段ATを採用した。

これは「プジョー308」に搭載されているパワートレインと同じもので、130ps/5500rpmの最高出力と23.5kgm/1750rpmの最大トルクを発生。アイドリングストップ機構の採用や約30kgの車重軽減などにより、JC08モード燃費は従来モデルを約20%上回る16.3km/リッターを実現した。

エクステリアデザインについても変更を加えており、よりシャープな意匠となったハロゲンヘッドライトには、エンジン始動とともに白色に点灯しウインカーと連動して点滅するLEDランプを組み合わせている。リアコンビネーションランプは、立体感や奥行きを感じさせる、シトロエン独自の「3Dライト」を採用した。

グレード構成は「セダクション」と「セダクション アップグレードパッケージ」の2種類。後者には1.3平方メートルの広さを持つ電動ブラインド付き大型パノラミックガラスルーフや、LEDルームランプ、スマートキーシステム、ブラインドスポットモニターシステム、ダイヤモンドカット加工の17インチアルミホイール、フロントソナーなどが装備される。

価格はセダクションが276万円、セダクション アップグレードパッケージが296万円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.29 試乗記 シトロエンがCセグメント車「C4」のパワートレインを一新し、1.2リッター直3ターボとトルコン式6段ATを採用した。上級モデル「セダクション アップグレードパッケージ」の試乗を通して感じた、簡単には言い表せないフランス車ならではの魅力を報告する。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • 「シトロエンC4」が仕様変更、お値段据え置きで装備を強化 2017.7.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンが「シトロエンC4」のラインナップを変更。既存のグレードを廃し、ブランドスポットモニターや日本語表示対応のタッチスクリーンを搭載した新グレード「C4シャイン」「C4シャインBlueHDi」を設定した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る