シトロエン、C4に1.2リッターターボを搭載

2015.08.25 自動車ニュース
「シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ」
「シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ」
    拡大

シトロエンが「C4」に1.2リッターターボを搭載

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年8月25日、Cセグメントの5ドアハッチバック「シトロエンC4」に大幅な改良を実施し、同年9月11日に発売すると発表した。

今回の改良では、エンジンとトランスミッションを変更。従来の1.6リッターターボとシングルクラッチ式6段ATの組み合わせに代えて、新たに1.2リッター直3直噴ターボとトルクコンバーター式6段ATを採用した。

これは「プジョー308」に搭載されているパワートレインと同じもので、130ps/5500rpmの最高出力と23.5kgm/1750rpmの最大トルクを発生。アイドリングストップ機構の採用や約30kgの車重軽減などにより、JC08モード燃費は従来モデルを約20%上回る16.3km/リッターを実現した。

エクステリアデザインについても変更を加えており、よりシャープな意匠となったハロゲンヘッドライトには、エンジン始動とともに白色に点灯しウインカーと連動して点滅するLEDランプを組み合わせている。リアコンビネーションランプは、立体感や奥行きを感じさせる、シトロエン独自の「3Dライト」を採用した。

グレード構成は「セダクション」と「セダクション アップグレードパッケージ」の2種類。後者には1.3平方メートルの広さを持つ電動ブラインド付き大型パノラミックガラスルーフや、LEDルームランプ、スマートキーシステム、ブラインドスポットモニターシステム、ダイヤモンドカット加工の17インチアルミホイール、フロントソナーなどが装備される。

価格はセダクションが276万円、セダクション アップグレードパッケージが296万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
C4シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • 「シトロエンC4」が仕様変更、お値段据え置きで装備を強化 2017.7.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンが「シトロエンC4」のラインナップを変更。既存のグレードを廃し、ブランドスポットモニターや日本語表示対応のタッチスクリーンを搭載した新グレード「C4シャイン」「C4シャインBlueHDi」を設定した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る