BMW 340i(FR/8AT)

迎撃準備完了 2015.08.31 試乗記 マイナーチェンジを受けた「BMW 3シリーズ」。フラッグシップモデルの「335i」がパワーアップと効率改善を果たし、「340i」に進化した。その仕上がりやいかに? 日本での発売に先立ち、オーストリアで試乗した。

Dセグメントの定番的存在

大型車なんてとても買えたもんじゃあないけれど、大衆車ではどうにも狭いし走りも物足りないし……という、ちょっといい暮らしを求めはじめたアッパー庶民の心をくすぐったマイカーといえば、隣のクルマが小さく見える合戦を繰り広げた「サニー」や「カローラ」だ。日本市場でもその名を残すカローラは、間もなく50周年を迎える。

同じく戦後急成長を遂げていた敗戦国のドイツはいかようだったのか。大衆車として活躍していたのは「ビートル」ことフォルクスワーゲンの「タイプ1」。大型車として君臨していたのは「ハネベン」ことメルセデス・ベンツの「W111」。そのはざまにあるべきパーソナルカーのカタチがあるだろうと、BMWが新しいクラス=ノイエクラッセとして提案したのが「1500シリーズ」だ。排気量拡大やシャシーのリファインを重ねて1970年代前半まで作り続けられたこのモデルこそ、FRスポーツセダンのオーソリティーという現在のBMWの成り立ちの源流である。そしてこの直接的後継として生まれたのが「3シリーズ」というわけだ。

今年、誕生から40年。その間、「メルセデス・ベンツCクラス」や「アウディA4」といったフォロワーの登場によって形成されたプレミアムDセグメントにおいて、3シリーズは常にリーダーの座を守り続けてきた。すなわちDセグメントにおける「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のような存在といっても過言ではないだろう。動的ベンチマークとしては単に同形式の車種のみならず、ミニバンやSUVのエンジニアリングでもしばしば取り上げられる。ともあれBMWにとっての精神的支柱は、「7シリーズ」でも「i8」でもなく、このクルマであることは間違いない。

マイナーチェンジの目玉は、新世代モジュラーガソリンエンジンの搭載。日本では2015年9月12日に発売される予定。
マイナーチェンジの目玉は、新世代モジュラーガソリンエンジンの搭載。日本では2015年9月12日に発売される予定。
ダッシュボードには一見、大きな変更はないが、新型ではセンターパネルがハイグロスブラック(従来はマットブラック)仕上げとされている。
ダッシュボードには一見、大きな変更はないが、新型ではセンターパネルがハイグロスブラック(従来はマットブラック)仕上げとされている。
新たにフルLEDヘッドライトが採用された。欧州ではオプションだが、日本では全車に標準装備。ウインカーがライトユニットの端から上部に移動された。
新たにフルLEDヘッドライトが採用された。欧州ではオプションだが、日本では全車に標準装備。ウインカーがライトユニットの端から上部に移動された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る