前編:いま、小さな個性派がアツい!? ~軽とコンパクトのキャラ立ちモデルを一挙紹介

楽しさが詰まってる 2015.08.28 特集 軽自動車やコンパクトカーの世界は、エッジの効いたデザインや規格外のユーティリティー性も持ち味とする“個性派モデル”が花盛り。ここで、その背景となる自動車業界のトレンドを検証しつつ、いま注目すべきモデルをピックアップしてみよう。

軽自動車4割超えの衝撃

2014年、国内新車販売台数に占める軽自動車の割合が4割を超えた。ちょっとした事件である。日本の軽自動車が、世界に誇る素晴らしい技術的達成のたまものであることは間違いのない事実だが、4割というのは衝撃的な数字だ。税制の優遇が減らされたことで若干売れ行きは鈍っているが、自動車市場に確固たる地位を築いていることは否定できない。

1993年に「スズキ・ワゴンR」が登場したことが、軽自動車の可能性を開いた。車高を上げて広い室内空間を確保したハイトワゴンは、ユーザーから圧倒的な支持を集める。ダイハツが「ムーヴ」で対抗し、新たに有力なジャンルが形成された。2003年にはさらに背の高い「ダイハツ・タント」がデビューし、スーパーハイトワゴンが人気となる。

軽自動車は背の高さで大きく3つのタイプに分けられることになった。一番背の低いのが「スズキ・アルト」や「ダイハツ・ミラ」などで、価格を抑えたベーシックモデルだ。真ん中に位置するのがスズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーヴで、最も背の高いのがダイハツ・タントや「スズキ・スペーシア」である。

長らくスズキとダイハツが軽自動車の2大メーカーとして競ってきたが、ホンダが「Nシリーズ」を投入してからは三つどもえの戦いになった。ホンダのラインナップは、背の低いほうから「N-ONE」「N-WGN」「N-BOX」である。これに日産三菱連合軍が加わり、国内販売台数の4割を占める一大勢力となった。

「背の高い軽乗用車」というカテゴリーを開拓した「スズキ・ワゴンR」。現在のモデルは5代目にあたる。写真は、2013年夏に発売された「20周年記念車」。

「ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA”」。強さや高級感をウリとする、軽の代表的な個性派モデルである。

「スズキ・アルト」は、2014年12月に8代目がデビュー。シンプルかつ直線基調のデザインと軽量ボディー、37.0km/リッター(JC08モード)の低燃費などがセリングポイントとなっている。
“ミニバン並みのユーティリティー性”を武器に、2015年前半、軽自動車販売のトップを走り続けた「ホンダN-BOX」。走行性能やドレスアップにこだわったコンプリートカー(写真)も、カタログモデルとしてラインナップされている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハスラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る