第413回:LOVE! ターミナルで働くクルマたち

2015.08.28 エッセイ

空港の構内車両

みなさんは、海外の空港に着陸したとき、飛行機の窓から最初に何を探すだろうか。ターミナルの建物? 駐機している他の航空機? ボクの場合は、滑走路の周辺を往来する構内車両である。
大学時代、初めてロンドンのヒースロー空港に着陸したとき、構内車両のほとんどがフォードだったのを今でもよく覚えている。コスト重視の選択だから仕方ないのだが、今より純粋な自動車ファンだったボクとしては、その無国籍な風景にちょっぴりがっかりした。

いっぽう、コスト重視でもうれしかったのは、それから数年後、パリのシャルル・ド・ゴール空港に降り立ったときである。1992年に発売された初代「ルノー・トゥインゴ」がエールフランスをはじめとする構内車として早くもちょこちょこと走り始めていた。それはそれはかわいらしかったものだ。

イタリア各地の空港で使われているクルマといえば、昔も今もフィアット車である。「パンダ」「プント」といったモデルのほか、トルコ工場製のバン「ドブロ」もよく見かける。かつてポーランドで生産されていた「セイチェント」も現役で見かけるのは、そのコンパクトなボディーの機動性が評価されているのだろう。

かわって少し前からミュンヘン空港では、「フォルクスワーゲンup!」が使われている。サイズからして、このモデルも空港用に増えてくると思われる。
スイスのチューリッヒ空港では、キアのミニSUV「ソウル」が活躍するようになった。真意は定かではないが、自動車産業をもたない国ならではの、フレキシブルな選択の結果としたら、それはそれで面白い。

イタリアのピサ空港にて、パリからの便が到着。「夢と魔法の王国」の呪文は、まだ解けないようだ。
イタリアのピサ空港にて、パリからの便が到着。「夢と魔法の王国」の呪文は、まだ解けないようだ。
ピサ空港で働く2代目「フィアット・パンダ」。
ピサ空港で働く2代目「フィアット・パンダ」。
ドイツのミュンヘン空港では、「フォルクスワーゲンup!」が大量に導入されている。
ドイツのミュンヘン空港では、「フォルクスワーゲンup!」が大量に導入されている。
スイス・チューリッヒ空港で働く「キア・ソウル」。
スイス・チューリッヒ空港で働く「キア・ソウル」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。