フランスの郵便車と同色のルノー・カングー発売

2015.08.26 自動車ニュース
「ルノー・カングー ラ・ポスト」
「ルノー・カングー ラ・ポスト」
    拡大

フランスの郵便車と同色の「ルノー・カングー」発売

ルノー・ジャポンは2015年8月26日、マルチパーパスビークル「カングー」の特別仕様車「カングー ラ・ポスト」を発表。同日、150台限定で発売した。

リアビュー。ボディーサイドとリアに見られるフランス郵便「ラ・ポスト」のステッカー類は、展示車のドレスアップ用。車両の購入者には、ステッカーがプレゼントされるとのこと。
リアビュー。ボディーサイドとリアに見られるフランス郵便「ラ・ポスト」のステッカー類は、展示車のドレスアップ用。車両の購入者には、ステッカーがプレゼントされるとのこと。
    拡大
「カングー ラ・ポスト」のデビューを記念して、オリジナル切手(写真)も発売された。価格は、5枚1組で1242円。
「カングー ラ・ポスト」のデビューを記念して、オリジナル切手(写真)も発売された。価格は、5枚1組で1242円。
    拡大
発表会場となった東京・文京区の本郷郵便局には、本物の「ラ・ポスト」コスチュームをまとったスタッフの姿も。
発表会場となった東京・文京区の本郷郵便局には、本物の「ラ・ポスト」コスチュームをまとったスタッフの姿も。
    拡大

カングー ラ・ポストは、「想いを届ける」をコンセプトに、フランス郵便「ラ・ポスト」の郵便車と同じ黄色いボディーカラーが採用された特別仕様車。本国での業務用以外の市販車両にこの色が使われるのは、今回が初めてのことだという。

ベースモデルは「カングー ゼン」で、専用ボディーカラー以外に以下の特別装備が与えられる。

・専用シルバー&ブラックフロントバンパー
・ブラックリアバンパー
・シルバードアミラー
・プライバシーガラス
・フロントシートバックテーブル
・可倒式助手席

販売台数は、AT車90台とMT車60台を合わせた計150台で、価格は241万5000円。

(webCG)

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール18 2018.4.24 画像・写真 F1マシンをモチーフにしたカラーリングが特徴で、F1マシンと同じモデル名を冠した「ルノー・ルーテシア ルノースポール18」。5月に正式発表される限定モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • 「ルーテシア ルノースポール」に黒いボディーが魅力の限定車 2018.4.23 自動車ニュース ルノー・ジャポンが特別仕様車「ルーテシア ルノースポール18」をファン向けに公開。ベースとなったのは「ルノースポール トロフィー」で、ブラックアウトされたボディーなどが特徴となっている。詳細や価格などは5月の正式発表でアナウンスされる。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • 後編:「ルーテシア ルノー・スポール」と「トゥインゴGT」で駆ける 2018.2.28 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> レース活動を通じて磨かれてきたルノー・スポールのスポーツマインド。そのノウハウはサーキットでも、そしてストリートでも光り輝く。同社が手がけた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」と「トゥインゴGT」に試乗し、その実力を堪能した。
ホームへ戻る