フランスの郵便車と同色のルノー・カングー発売

2015.08.26 自動車ニュース
「ルノー・カングー ラ・ポスト」
「ルノー・カングー ラ・ポスト」

フランスの郵便車と同色の「ルノー・カングー」発売

ルノー・ジャポンは2015年8月26日、マルチパーパスビークル「カングー」の特別仕様車「カングー ラ・ポスト」を発表。同日、150台限定で発売した。

リアビュー。ボディーサイドとリアに見られるフランス郵便「ラ・ポスト」のステッカー類は、展示車のドレスアップ用。車両の購入者には、ステッカーがプレゼントされるとのこと。
リアビュー。ボディーサイドとリアに見られるフランス郵便「ラ・ポスト」のステッカー類は、展示車のドレスアップ用。車両の購入者には、ステッカーがプレゼントされるとのこと。
「カングー ラ・ポスト」のデビューを記念して、オリジナル切手(写真)も発売された。価格は、5枚1組で1242円。
「カングー ラ・ポスト」のデビューを記念して、オリジナル切手(写真)も発売された。価格は、5枚1組で1242円。
発表会場となった東京・文京区の本郷郵便局には、本物の「ラ・ポスト」コスチュームをまとったスタッフの姿も。
発表会場となった東京・文京区の本郷郵便局には、本物の「ラ・ポスト」コスチュームをまとったスタッフの姿も。

カングー ラ・ポストは、「想いを届ける」をコンセプトに、フランス郵便「ラ・ポスト」の郵便車と同じ黄色いボディーカラーが採用された特別仕様車。本国での業務用以外の市販車両にこの色が使われるのは、今回が初めてのことだという。

ベースモデルは「カングー ゼン」で、専用ボディーカラー以外に以下の特別装備が与えられる。

・専用シルバー&ブラックフロントバンパー
・ブラックリアバンパー
・シルバードアミラー
・プライバシーガラス
・フロントシートバックテーブル
・可倒式助手席

販売台数は、AT車90台とMT車60台を合わせた計150台で、価格は241万5000円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • 5段MTを搭載した「フィアット500S」発売 2016.12.6 自動車ニュース FCAジャパンは、「フィアット500」の5段MTモデル「500S」を、2016年12月10日に発売する。エンジンは85psと14.8kgmを発生する0.9リッター直2ターボの「ツインエア」を搭載。150台の限定販売で、価格は234万3600円。
ホームへ戻る