東京モーターショーの出展に先立ち、富士スピードウェイで初公開された「トヨタ86」のプロトタイプ。
新型スポーツ「トヨタ86(ハチロク)」初公開

トヨタ、小型FRスポーツカー「86」のプロトタイプを初公開

トヨタ自動車は、第42回東京モーターショーに出展を予定している小型FRスポーツカー「86(ハチロク)」のプロトタイプモデルを、2011年11月27日に公開した。

当日は、トヨタ自動車の豊田章男社長自らステアリングを握り、車両をお披露目した。
新型スポーツ「トヨタ86(ハチロク)」初公開
 
新型スポーツ「トヨタ86(ハチロク)」初公開
インテリアの様子。トランスミッションは、写真の6段MTのほかに6段ATも用意される。
新型スポーツ「トヨタ86(ハチロク)」初公開

これまで「FT-86」の名で展示されてきたトヨタの新しい小型FRスポーツカーは、市販されるにあたり「86(ハチロク)」の車名が与えられた。
「今一度、クルマの夢や楽しさを提供したい」と考えるトヨタと富士重工業(スバル)の思いが一致し、操る楽しさを体感できる「直感ハンドリングFR」をコンセプトに共同で開発された。また今後、多様なカスタマイズ商品などが展開され、かつてのAE86型カローラレビン/スプリンタートレノのように、自分だけの1台を作り上げる楽しみも提案されるという。

トヨタとスバルの共同開発の象徴ともいえるのがエンジンだ。スバルの水平対向4気筒エンジンをベースに、トヨタの直噴技術であるD-4Sを組み合わせている。2リッターの自然吸気エンジンで200ps/7000rpmと20.9kgm/6600rpmという高出力を実現しながら、同クラスのセダンに匹敵する環境性能を確保したとうたわれる。無鉛プレミアムガソリン指定で、燃料タンク容量は50リッターと発表されている。

スポーツカーにふさわしいハンドリングを実現するためには、軽量でコンパクトな専用FRプラットフォームが開発された。低い重心を特徴とする水平対向エンジンを、車体前部でキャビン方向に寄せた、いわゆる「フロントミドシップ」位置に配置することにより、車両の低重心化と低慣性化を達成。フロントシートのヒップポイントは、トヨタブランドの市販車としては最も低い約400mmに設定されている。

また、レジャー用途にも柔軟に対応するように、トランクスペースなどに十分な容量が与えられている。後席の背もたれを前に倒すことによって、スポーツ走行用のタイヤ4本と工具類、あるいはゴルフバッグなら2セットが収納可能になるという。

プロトタイプのボディーサイズは全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm。ホイールベースは2570mm、トレッドは前1520/後1540mmと発表されている。トランスミッションは6段MTの他、トルクコンバーター式の6段ATも用意され、サスペンションは前マクファーソンストラット/後ダブルウィッシュボーンである。また、ブレーキは前後ともベンチレーテッドディスクとされ、タイヤは前215/40R18、後225/40R18と異なるサイズが装着される。

フロントに搭載される、スバルの2リッター水平対向4気筒。
新型スポーツ「トヨタ86(ハチロク)」初公開
 
新型スポーツ「トヨタ86(ハチロク)」初公開
 
新型スポーツ「トヨタ86(ハチロク)」初公開

エクステリアデザインは、「キーンルック」と呼ばれるフロントで獲物を捕らえるようなまなざしを表現。サイドビューではトヨタスポーツのヘリテージをモチーフとして用いながら、ウィンドウグラフィックやリアフェンダーに現代的なアレンジを加え、さらにリアビューでは、ワイドで安定感のあるスタンスと小型スポーツカーならではの軽快感の演出が追求されている。

一方、インテリアでは、ハードなドライビングに対応しうるよう、機能性と操作性に重点を置き、それぞれのパーツの素材、形状、配置を吟味したという。フロントシートは、スポーツ走行に耐えられるように人体を面で支える断面を追求した。またマニュアルシフトの操作性を考慮し、肘部が当たりにくい形状としたとのこと。ステアリングホイールはトヨタで最小となる直径365mmの真円タイプを採用し、最適な断面形状を実現して操舵(そうだ)のしやすさと握り心地を考慮したという。

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

86の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る