フォルクスワーゲン・ゴルフ オールトラックTSI 4MOTIONアップグレードパッケージ(4WD/6AT)

“余裕で”人気モデルに 2015.08.28 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」をベースに、SUVライクな外装デザインとフルタイム4WDシステムを採用したクロスオーバーモデル「ゴルフ オールトラック」が登場。その魅力に触れた。

4MOTIONがかなえる盤石のスタビリティー

「ゴルフヴァリアント」の新しいバリエーションとして追加されたのが「ゴルフ オールトラック」。フォルクスワーゲンにはエクステリアをSUV風にまとめた「クロス」シリーズがあるが、このオールトラックは見た目だけでなく、4MOTION=フルタイム4WDを採用することで悪条件での走破性を高めているのが大きな魅力だ。

ノーマルのゴルフヴァリアントより最低地上高が25mm高く、さらに、それっぽいデザインの前後バンパーとサイドスカート、ブラックのフェンダーモールなどのおかげで、エクステリアはとてもアクティブな印象。専用デザインのファブリックシートもなかなかしゃれていて、これだけで、「買っちゃおうかな」と思わせる魅力がある。

パワートレインは1.8 TSIエンジンと6段DSGトランスミッションの組み合わせで、4WDシステムは前輪駆動をベースに必要に応じてハルデックスカップリングがリアにトルクを伝えるというもの。1.4 TSIを積む「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」に比べて160kg重いこともあり、出足こそややおとなしいが、エンジン回転が1500rpmを超えるあたりからは“大排気量”らしい余裕を見せるようになり、2000rpm以上ともなると、かなり活発な印象だ。

ぬれた道路で多少ラフに発進しても、しっかりと路面を捉えるのはさすが4MOTION。ただでさえスタビリティーには定評のあるゴルフだが、4MOTIONを採用したことでさらに高い直進安定性を手に入れたのも見逃せない点だ。

最低地上高が高くなったことで、多少の段差や駐車場の輪止めを気にせず運転できるのはうれしいが、一方で、高速走行時にはボディーの上下動が収まりにくかったり、目地段差を越えたときのショックが遮断しきれなかったりと、気になる部分もあった。

このあたりは今後の熟成を期待したいところだが、それでも「Rシリーズ」を除けば久々に投入された4WDモデルはなかなか魅力的で、347万円から(ゴルフ オールトラックTSI 4MOTION)という買い得感ある価格とあいまって、ゴルフヴァリアントシリーズの人気モデルになるのは確実だろう。

(文=生方 聡/写真=小林俊樹)

【スペック】
全長×全幅×全高=4585×1800×1510mm/ホイールベース=2635mm/車重=1540kg/駆動方式=4WD/エンジン=1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(180ps/4500-6200rpm、28.6kgm/1350-4500rpm)/トランスミッション=6AT/燃費=14.7km/リッター(JC08モード)/価格=367万円
 

外観では、「ゴルフヴァリアント」より25mm高い165mmの最低地上高と、ボディー下部にあしらわれた黒いモールディングが特徴。
「ゴルフ オールトラック」のインテリア。「アップグレードパッケージ」には、オプションでフォルクスワーゲンの純正ナビゲーションシステム「Discover Pro」が用意されている。
標準装備されるファブリックシート。「アップグレードパッケージ」には、オプションでブラックとブラウンのレザーシートも用意されている。
エンジンは1.8リッター直4直噴ターボ。トランスミッションには6段デュアルクラッチ式ATが搭載される。
ボディーカラーには「トルネードレッド」や「ピュアホワイト」「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」など、全7色が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。