ホンダCR-Zがマイナーチェンジ、新デザインに

2015.08.27 自動車ニュース
「ホンダCR-Z α・Master label」
「ホンダCR-Z α・Master label」

「ホンダCR-Z」が新デザインとなって登場

本田技研工業は2015年8月27日、スポーツタイプのハイブリッドカー「CR-Z」にマイナーチェンジを実施し、同年10月19日に発売すると発表した。

「α・Master label」のリアビュー。
「α・Master label」のリアビュー。
今回のマイナーチェンジでは、ヘッドランプやウインカーがLEDとなった。
今回のマイナーチェンジでは、ヘッドランプやウインカーがLEDとなった。
「シティブレーキアクティブシステム」のセンサー。
「シティブレーキアクティブシステム」のセンサー。
新色の「プレミアムベルベットパープル・パール」
新色の「プレミアムベルベットパープル・パール」
2トーンカラースタイルにはブラックルーフと「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」の組み合わせが追加された。
2トーンカラースタイルにはブラックルーフと「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」の組み合わせが追加された。

■安全に関するものを中心に、装備の強化も実施

今回のマイナーチェンジでは、ラインナップを「α(アルファ)」「α・Master label(アルファ・マスターレーベル)」の2種類に整理するとともに、エクステリアデザインを変更。新しい意匠のフロントバンパー、フロントグリル、リアバンパー、サイドシルガーニッシュ、アルミホイールを採用したほか、従来のポジションランプに加え、ヘッドランプやターンランプもLEDとした。ボディーカラーのバリエーションは「2トーンカラースタイル」を含め全9種類で、モノトーンには「プレミアムベルベットパープル・パール」を、2トーンカラースタイルにはブラックルーフと「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」の組み合わせを新たに設定している。

安全装備の強化も図っており、車速30km/h以下での追突事故の防止を支援する「シティブレーキアクティブシステム」や、「サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)」「前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)」をセットにした「あんしんパッケージ」をα・Master labelに標準で、αにオプションで採用。またパーキングブレーキを電子制御式とした。

このほかにも、収納ボックス付きのアームレストや「プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ」を新たに採用。オプションとして、静電式タッチパネルを採用した「Hondaインターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器」、360Wのアンプと7つのスピーカーからなる「ハイパワーサウンドシステム」、走行モードに応じてスピーカーからエンジン音を出力する「アクティブサウンドコントロール」、ノイズに対して逆位相の音をスピーカーから出力して静粛性を高める「アクティブノイズコントロール」を、新たにオプション設定した。

走行性能に関する点では、リアトレッドを10mm拡大するとともに、コーナリング時の安定感、安心感を高めるために、サスペンションのダンパー減衰力やバネレートを変更。また、ブレーキディスクのサイズを15インチにするとともに、キャリパーピストン径、マスターパワーシリンダー径も拡大することで、ブレーキ性能を高めている。価格は以下の通り。

・α:270万円
・α・Master label:285万円
※価格は6MT仕様、CVT仕様で共通。α・Master labelの2トーンカラースタイルは292万200円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CR-Zの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.4.12 試乗記 ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)
    ……449万4000円

    「ホンダCR-Z」をベースとする、300台限定のコンプリートカー「MUGEN RZ」に試乗。無限のスペシャルチューンで、“ハイブリッドスポーツ”の走りはどう変わったのか?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ホンダ・無限CR-Z 2010.9.6 画像・写真 無限が開発した専用パーツをフル装備した「ホンダCR-Z」の姿を写真で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る